人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

ろりとぼくらののあらすじ|便所飯の男子高校生がロリ幼女と生ハメ

ろりとぼくらののあらすじ。

僕は今、学校のトイレで食事をしていた。そう、いわゆる便所飯というやつだ。

うむ、俺は生粋のコミュ障で、普段誰とも喋らない根暗系男子だ。

だからこうやって誰にも見つからない、トイレの個室で1人食事を済ませ、極力他人と関わる事を避けている。

しかし、この日、非常に奇妙で奇怪な体験をする。

わわ、人間だぁといきなり僕の前に女の子が現れたのだ。まだ小学生くらいだろうか。黒髪にヘアバンド、ミニスカが眩しいロリっ子。

でも何で男子トイレに女子が!?さっぱり理解出来ない状況だ。

そしてこの子は、何で僕がトイレで弁当を食べてるのか聞いてきた。教室で食べれば良いじゃんと。

そ、そんなこと、きみにいってもわからんだろ!?

ああ、内心は分ってる。けどそんなこと、初対面の女の子に口に出して説明できるほど僕のメンタルは強くない。

と、とにかく僕は好きでここで食べるんだからほっといてくれと言い放つ。

だが彼女は嘘を見抜き、嘘だねとひところ。そしてお弁当を食べながらたまに泣いてるじゃんと。だから私が励ましに来たという。

は……な、何でこの子がそんな事知ってるんだ!?確かにこの子の言う事は事実だ。よく僕はトイレで便所飯を取りながら泣いてる。

何でこんな惨めな生活をしているんだろう。何で他の子と一緒にご飯が食べれないんだと。

けど、そんなこと、この子には関係無いだろ!!

と思っていたら、この子はご飯を食べた後、携帯でエッチな絵を見てる事まで話してきた!ぐああああ、オ○ってるところまで見られてたのか!?こんな小さな子に!?

しかし、それよりも遥かに大きな出来事が待ち構えていた。

この子は突然服を脱ぎ出し、上着を完全に脱ぐと、私を食べて下さいと言い始める。顔を真っ赤にして。

え、え、ええええっ!?

ちょっと待て。確かに僕はロリが好きだ。一度で良いから小学生とヤりたいと思っていた。

でも、便所飯してただけでこんなつるぺたのロリっ子とヤっていいのか!?

一瞬躊躇したが、僕は遠慮なく彼女を壁に押し付け、胸に吸い付いていた。

まだ膨らんでいないさくらんぼの果実の様なつるぺたおっぱい。

でも、先っぽを舌で転がしたり、吸ったりしてると、非常にやわらかく、弾力があって美味しいと思った。

彼女は俺にこんな事されても全然嫌な顔せず、さらに俺にフェラしてほしいといわれても抵抗一つせずに受け入れてくれ…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス