人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

お尻まる見え!~フンドシっ娘の食い込みはイタズラし放題のあらすじ

お尻まる見え!~フンドシっ娘の食い込みはイタズラし放題のストーリーあらすじ。

ったく。せっかくの夏休みだってのに何で祭りなんかの手伝いしなきゃなんねーんだ。

猛暑の中、俺は一人神社へきていた。親の言いつけで祭りの手伝いを強要されなきゃ、まず来ない場所だ。

「しょーがないでしょ!人手が足りないんだから!」

そこにはマイと、ささらがいた。

マイ、今俺の食っていたアイスを横取りして自ら食う様な勝気なワンパク女だ。

ささら、俺が密かに恋焦がれている清楚で可憐な御嬢様。

田舎には似つかわしくない程綺麗で、マイとはなにもかも対照的。

「どうでもいいがマイ!俺のアイス返しやがれ!」

2人でアイスを奪い合う。まあこんなやり取りも日常茶飯事だ。

そんな俺達に神社の爺様が話しかけてきた。何でも俺達には獅子舞をやって欲しいとの事。

獅子舞……獅子にマントを付けた被りモノをして踊る……か。

どうやら爺様達が例年やっていたらしいが、年齢的にもう厳しいらしい。

「まずはマイちゃんが獅子舞の中に入って、そしてレオが後ろから入って欲しいんじゃ」

マジかよ。この糞熱い中で……。

しかし入って見て気付いた。目の前にはマイのでかケツがある事に……スパッツいっちょのマイのケツ、エロい。尻の割れ目くっきりしてて。
撫でたい。頬ずりしたい。っていけねえ勃起してきちまう。
これだけでも童貞の俺には滅茶苦茶刺激的な光景だった。なのに、本番になって更に俺を興奮させるような出来事が発生する。

――祭り当日。
「えぇ~!?これをつけろっての!?」
神社の爺様がマイに付けろと言ってきたもの、それは“ふんどし”。

祭りなら当然ともいえるものだが、女の子にこんなの着せていいのか。

おまけに胸にはさらしを巻くらしい。獅子舞に入る前から、ふんどし+さらしでもう露出MAXのマイ。糞!エロいっ!

とはいえ実際に獅子舞に入って動いてみると分かるが、すげえ暑くてきつい。蒸れてくるし。

でも……ごくり。

目の前にはふんどしで尻にアレが食いこんだマイのケツ。

おまけに汗ばんでて増々エロスを醸し出している。

今すぐにでもむしゃぶりつきたい。チンポ擦り付けたい。ってさらしが落ちかけてる!?

そう、マイが激しく動く事でさらしが落ちてきているのだ。しかも本人は気付いてない。

なら俺はマイの胸をふにっと揉む。

体勢的に前のめりになってしまい、マイに覆いかぶさり、チンポを押しつける形になってしまい……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス