人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

愛を乞うより獣の罰にひざまずけのあらすじ|秘密サロンで出会った彼と淫らな関係に

愛を乞うより獣の罰にひざまずけのストーリーあらすじ。

屋敷が火事になっている。

「いい!?碧(あお)、あなたはこれから男の子として生きるの。決して女だと知られてはだめ。でないとあなたは殺されてしまう」

そう言って母は碧をギュッと抱きしめた。

「藍人(らんと)、お願い碧を守ってあげて…!」

火の回りが早く、父と母はなんとか兄妹を逃がしたが、自分たちは崩れてきた瓦礫の中に消えてしまう。

「いやだあぁ」

・・・碧は昔の夢を見ていた。

電車での移動中に寝てしまったらしい。

うなされていた碧を気遣う藍人。

藍人はもうすぐ着くから降りる準備をするように碧に言う。

「今度の街はどんな所かな」

碧は両親を火事で亡くしてから母の遺言により男として生きてきた。

それから兄妹は二人で街を転々と移住しながら暮らしている。

碧は藍人とともに星亞の経営する「秘密クラブ」で働くことになる。

そこで碧はこの街に着いたときに出会った女たらしの士綺(しき)に再会する。

獲物を貪るような瞳の士綺に碧は女だということがバレてしまう。

「俺が望んだらどんな時でも俺に抱かれろ。命令には絶対服従だ」

碧はドSの士綺に絶対服従を強いられ性奴隷になり女の快感に目覚めていく。

「我が運命の青薔薇の姫君」そんな時、碧に執着する実業家・枢(かなめ)が現れる。

碧がバラに触れると花びらが青く染まる…兄が隠す碧の秘密とは…!?

愛を乞うより獣の罰にひざまずけを読んだ感想

愛を乞うより獣の罰にひざまずけという作品は絵がとにかくキレイです。

士綺も枢も藍人も超イケメン♪

キャラの一人一人が丁寧に描かれています。

それに士綺と枢はドSキャラで俺様責めにキュンキュンしちゃいます。

エッチなシーンがハイクオリティな絵でますますエロいです。

TLとは思えないような、まるで男性用のコミックのような描写も無きにしもあらずですが、エロさはあっても、汚らしさは感じません。

絵がキレイなだけでなく、ミステリアスなストーリー展開も面白いです。

主人公の碧が男装の麗人という設定もいいですね。

碧はただ男装しているでけでなく、ちゃんと男の子のように振る舞っていて、女の子の二面性を持っていると細かな部分も描かれています。

碧がバラに触れると花びらが青く染まることを、藍人は碧に珍しいバラアレルギーだと説明しているみたいですが、いったいどんな秘密が隠されているのでしょう?

碧のことを「我が運命の青薔薇の姫君」と呼ぶ枢との関係は!?

マンガの冒頭、幼い少女の碧にバラを差し出した謎の男が士綺に似ているのも気になります。

TLというと薄っぺらいお話にエッチがあるだけのマンガが多いのですが「愛を乞うより獣の罰にひざまずけ」はエッチも楽しめるファンタジー作品だと思います。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス