人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

恋忘れのあらすじ|女の子に「発情期」が来る世界で

恋忘れ~女の子に「発情期」が来る世界でのストーリーあらすじ。

「バス!!おくれちゃう!」

朝の住宅街、パタパタと慌てて駆ける女子生徒が一人。

「あ!朝日君!」
「あこか」

朝日くん。あこと同じ学校のイケメン男子生徒。ルックスの高さとそのクールっぷりから、女子生徒に密かに人気を集めている。

「今朝はバス通なんだね」

朝から憧れの彼と二人でバスに乗れるなんて幸せ!頬が弛むあこだが、

「あん」「んっ」

バスの中ではあこと同じ学校の生徒達がエッチしまくっていた!

「!?」いつ見ても慣れない光景に戸惑うあこ。

そう、これが今のあこのいる世界の日常。最早当たり前と化した行為。それが、

「はい、みなさん~「第二次性徴」にあわせて女性に現れる症状は何でしょう~。

そう、みなさん、もう迎えてる人も多いわね。発情期です」

発情期。それは減り過ぎた人口の回復を図るべく、遺伝子操作によって男女の発情を促し、交配させ、子孫を残そうとする国主導の取り組みの結果だ。

結果、女子は月に一度欲情を抑えられなくなり、公の場で男子と交わってしまう。

教室で先生に改めて説明され、げんなりするあこ。当然だ。彼女はまだ……。

「ねえねえ。あこは発情期きてないんだっけ?遅くない?」
「う。うん!わたしはまだみたい!」

同級生に痛いところを突かれてドキッとするあこ。

そう、彼女はまだ発情期がきていないと嘘をついているが、丁度今きているのだ。

しかし、彼女はそれを知られたくない。理由は一つ。

発情期である事がばれてしまうと男子生徒に求められてしまい、拒めなくなるからだ。

朝日君の事が好きなのに、違う男子生徒と交わるなんて絶対嫌だった。

だから、「ん……」

家に帰って布団にもぐりこみ、一人でオナニーして欲求を紛らわしていた。

しかし、そんな彼女の秘密が、

「発情期、きてたのか」

アサヒ君にばれてしまう!

「楽にしてやるよ。俺で良いなら」

イケメンな朝日君に迫られ、しかも発情期で身体は男を求めてしまうあこ。

拒めず、それどころか朝日君にされたくて仕方がない!

そのまま彼に……。

しかし朝日君のせめはどんどんエスカレートしていき、ショーツの中に手を入れられる。

直にアソコをくちゅくちゅと音を鳴らして掻きまわされ、あこは増々気持ち良くなってしまう!

そして朝日君は自分の大きくなったモノを取りだして、二人は……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス