人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

いつわり令嬢のあらすじ|失踪したお嬢様の代わりになったメイド

いつわり令嬢のストーリーあらすじ。

主人公は、あるお屋敷で働くメイド森野あかり。

「当家のお嬢様の身代わになってください」

執事の月島の依頼で失踪したお嬢様の身代わりを務めることになる。

一度だけ見たお嬢様…あんなきれいな人の身代わりなんて地味な私にできるわけない…とあかりは思った。

しかし、月島の手によって髪をカットされ化粧を施されると、鏡に映っていた女性はメイド森野あかりではなく、失踪した七瀬お嬢様そっくりだった。

「ただ笑っていればいい。招待された会食に出向き、時折大学の授業を受け、あとは屋敷の人間に顔を見せる。たったそれだけです」

そう言っていた月島だったが、次はあかりにこんなことを要求する。

「脚を開きなさい。これから毎晩、私が性の知識をお教えします。」

もちろん拒否するあかりだったが

「私は、この計画をやり遂げねばなりません」

完璧な七瀬お嬢様になるためだと説得される。

月島の指と舌で毎晩ほどかれていくカラダ…

「乳首勃ってますよ。中も濡れています。いいですか?挿れますよ」

「あっ嫌…っ」

あかりは冷酷で強引な執事の月島にカラダを教育されていく。

しかし、七瀬の婚約者である慎一郎に正体がバレてしまい、口止めに肉体を捧げることになる。

「あの方はそんなに良かったですか?」

あかりの首すじに残るキスマークに月島が嫉妬して、あかりを押し倒す。

「月島さんは縁談のために私のカラダを教育していたはずなのに…」

月島の真意がわからず戸惑うあかり。

この身代わり肉体契約にどんな意味があるのか…!?

いつわり令嬢を読んだ感想

女子なら誰でも一度はシンデレラストーリーを夢見るのではないでしょうか。

森野あかりも地味なメイドから、執事やメイドが何人もいるお屋敷のお嬢様に華麗に変身しました。

でも、その代わりに冷酷で強引な執事やお嬢様の婚約者にカラダを捧げる羽目になります。

それに、あかりのことを良く思っていなさそうな旦那様にもご奉仕させられます。

高価なモノに囲まれて何不自由なく暮らせても、なかなか大変そうですね。

招待されたパーティーに出席して笑っていればいいと言っても、出席リストを覚えたりしなきゃいけないし…。

どんな目にあっても一生懸命に七瀬お嬢様を演じるあかりに共感してしまいます。

あかりは、いつしか月島のことを想うようになっているのですが、月島はお嬢様のことを想っているようです。

それをわかっていながら、月島のために七瀬お嬢様を演じるあかりが切ないです。

でも、クールな月島があかりにキスマークをつけたことで七瀬の婚約者の慎一郎にヤキモチを焼いたのは、七瀬のため?あかりのため?

七瀬お嬢様はなぜ失踪したのか?帰ってくるのか?

ストーリーの結末がとても気になります。

「いつわり令嬢~黒執事の職権乱用~」は大人気TL「僧侶と交わる色欲の夜に」の作者真臣レオンさんの作品です。

ドSな男を描かせたらピカイチですね~。

執事の月島もエロいですが、旦那様もイケメンでゾクゾクしますw

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス