人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

誘惑!!もぎたて都市伝説のあらすじ|エッチなストーリー短編集

誘惑!!もぎたて都市伝説のストーリーあらすじ。

これは私がまだ大学生の頃に出会った、ある女性との忘れられない話です。

「ちょ…こら田浦!何してんの!ここは職場で、しかも今は仕事中だぞ!?」
「いやいやもう定時ですよ」

そういって私は彼女・美津代さんの背後から、むにゅむにゅと彼女のデカパイをシャツの上から揉んでいく。

凄い。男の私が両手で揉んでも、掌に収まりきらないほどデカくて、柔らかい…。

「お、お前なぁ。ここのところ毎日じゃないか!」
「いやだって美津代さんが魅力的だから悪いというか」

そういって私は彼女の首筋に舌を這わせ、くすぐる。

「あっ♡」

可愛らしい声で喘ぐ彼女。最初はノリキじゃなかったものの、観念したんだろう。

「まったく。しょうがないなぁ、若い男は…」

彼女は私を手で静止し、着ていた服…シャツやズボンを脱ぎ始めた。

ゴクリ。生唾を飲み込んで彼女の生着替えを見守る私。

「わかった。おいで。好きにしていい……」

私に手を差し伸べた彼女はもうショーツ一枚。暑さで身体中は汗で濡れ濡れ。

それがまたエロい上、この爆乳だ。私は彼女に獣のようにとびかかり…

彼女とこんな関係になったのは何時の頃だったろう。そうだ、あれは15年も前のこと。大学の夏休みの事でした。

「う…重い…」
「こ、こら田浦!しっかり持て!」

美津代さんが私を叱咤する。あの時、私は彼女と引っ越し現場で冷蔵個を運んでいたんだ。

とても重かった上、暑くて地獄の様だった。

私が所属していた会社は、いわゆる何でも屋。ペット探しからどぶ掃除、引っ越し作業まで何でもするという割ときつい仕事だった。

そんな私の唯一の楽しみは、同じ従業員の美津代さんとのやり取りだけだった。

彼女は涼しげなショートカットに、肩まで袖を捲し上げたシャツにジーンズ…と、活発な女性像そのもののだった。

そんな彼女、バツイチで子無しの31歳。ちなみに唯一の社員であり、社長だったりする。

化粧はしないし、清楚感とは程遠いおおらかな女性。私の好みとは真逆の女性だ。

でも、そんな彼女が時折見せる女性らしい仕草。大胆な行動に私は思わずどきっとしてしまう。

そして忘れもしない彼女との交わり。私は…私は次第に彼女に霧中になってしまうのだが…

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス