人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

好きだらけのあらすじ|なぱたのエロ漫画短編集

好きだらけのストーリーあらすじ。

朝。居間に向かうと既に姉が目を覚ましていた。

パジャマ姿の姉は、大胆にも下はパンツ一枚。ブラも付けていないようで、豊満な谷間が丸見え。凄くエロい格好だ。

おはようねーちゃんと挨拶すると、二人きりの時は名前で読んでほしいというねーちゃん。

ああ、そうだった。今は二人きり。だからねーちゃんじゃなくて、涼香って呼ばなきゃいけないんだった。

しかも二人きりだから朝からしようと言い始め、おっぱいを曝け出すねーちゃん。

昨日もあんなにしたのに。そう、俺は今、ねーちゃんとは訳あってこんな関係だったりする。

ねーちゃんに、いや、涼香の唇にそっとキスをする。

すると彼女は足を開き、くぱぁとおまん○を開いて俺を誘惑する。

既に秘所はとろとろに蕩けており、甘い汁をだらしなく零しているじゃないか。

くっ、こんなもん朝から見せられたらもう……俺はパンツをそそくと脱ぎ捨てる。

そして勃起したギンギンのチンポを彼女のおまんこへと挿入していく。相変わらずねーちゃんの中はキツイ……。

じゅぷじゅぷとイヤラシイ音が鳴り、濃密な時間が流れていく。次第に早くなっていく腰。だめだ、最高に気持ち良すぎる。

出そうになり、俺はねーちゃんに体勢を変えるよう求める。

そしてバックからガンガン腰を打ち付け、パンパンとピストン運動を再度開始。

ねーちゃんの中で出したい。そう思っていたら、飲ませて欲しいと言うので、チンポを引き抜き、彼女の口元へと運ぶ。

ねーちゃんはうっとりした顔で俺のモノを口で咥え、ちゅうちゅうと飲み干す。ああ、これもこれでいい。

――ああ、何か夢みたいだ。ねーちゃんとこんな関係になるなんて。あの日の事を思い出すな。

あれはねーちゃんが友達と遊びに行くと言い、出掛けた日の事だ。

あの頃のねーちゃんは何か俺に余所余所しかった。親が再婚して突然姉弟になった俺達。

最初は優しかったのに、突然つっけんどんになったねーちゃん。

意味が解らん。やはり男が出来たのか?

で、俺は悪いとは思いつつもねーちゃんの後を尾行してしまった。

相手がだれか一目見たい。そう思ったのだが、不運にもねーちゃんとばったり遭遇。

ねーちゃんは女友達と一緒だった。で、なんかその人の話によると、ねーちゃんは好きな人がいるらしい。

その人は俺がその好きな人?とねーちゃんに尋ねはじめ…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス