人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

ゲッカビジンのあらすじ|イノウエマキトのエロ漫画短編集

ゲッカビジンのストーリーあらすじ。

僕には、いまだに忘れられない女の子がいる。それは大分昔の話だ。

ここは片田舎の一軒家。蝉がミンミン鳴くウルサイ夏。

僕はベランダで寝そべり、夕涼みをしていた彼女の下へとやってくる。

彼女は僕の姿を見るなり、また来たの?暇ねと呟く。

ああ、そうだ。僕は暇だ。いや、ほんとは彼女に会いに来たんだが……それを口に出す事は阻まれてならない。

彼女の名は悠子。黒髪ロングに端整整った顔つきが特徴的で、人形の様な美しさと、それでいて棘のある口調で周囲を寄せ付けない彼女。

男子からは高嶺の花、女子からは疎まれ、孤立していた彼女。

そんな彼女に興味を持ち、僕は話しかけてみたら割と話が進み、今はこうして家まで来て雑談をする仲になっている。

彼女はこの家で父と二人で暮らしているらしい。でもいつも家におらず、彼女は一人きりだ。

彼女が言うには、また男子からラブレターを貰ったらしい。

けど相手は彼女のことをよく知らなければ、彼女も相手の事を知らない。だからどうもしないらしい。

そしてある日のこと。

僕はいつものように悠子の家を訪れたのだが、戸は開けっ放し。

中ではネグリジュ姿の悠子が下着の中に、パンツの中に手を突っ込み、一心不乱にまさぐっていた。

見てはいけない光景だ。そう思って無言で立ち去ろうとするが、気付かれていた。

彼女は僕に見せあいっこしようと誘い、僕は……僕はその好奇心に勝てず、中に入ってしまった。

そして彼女の前でズボンから勃起したペニスを露出させた。

さらに彼女と向かい合う形で座ってオナニーしあっていた。

奇妙だ。こんな……こんな事をする筈じゃなかったのに。

けど彼女に自分の手の中に出してほしいといわれた。

僕は自分のモノを激しく扱き、彼女の手にぶわっと白濁液を思い切りぶちまける。

凄いキツイ臭いが彼女の手を真っ白に穢す。

でも彼女は嫌がるどころか、それを見て嬉々として臭いをクンクン嗅いでいた。何だろう。

この時から……この時から僕と彼女の関係は変わってしまった。

ただ話すだけの関係の筈が、彼女の家を訪れる度、彼女に責められ、エッチな事をしあう。

でも一度たりとも彼女も僕も、お互いを好きだと告白した事はなかった。

好きでもないのにする事。それは果たしてどういうことなのだろう。

けどそれでも彼女はとても魅力的で、僕は毎日通ってしまい…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス