人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

ちちびっちのあらすじ|ピエ~ルよしおのエロかわ短編集

ちちびっちのストーリーあらすじ。

「ありがとうございましたー。それではしばらくお待ちください」

……電話をかけてからどれだけ時間が経ったんだろう。

と、とうとう電話しちまった。いいのだろうか。こんな……いや、俺には女房も子供もいないんだ。

たまにはハメ外して、デリヘル位いいよな……。

ピンポーン。きたか!俺は心を落ち着けつつ、ドアを開く、

「ちわー!生ギャルデリ、ワニっ娘倶楽部から来ました!」
「真夏と真冬でーす!」
「……あれ?」

そこに立っていたのはよくよく知った顔の女子校生二人組。

「あっれぇー!おじさんだ!」
「きゃー!おひさしぶりですー!」

な、なにいいいいい!!!

ま、マジかよ。何の冗談だ?初めてデリヘルに着たら、むかし世話になった社長の双子の娘さんがやって来るとか。

く、糞!相手が恩人の娘だぜ!?顔見知りだぜ!?ていうかあいつ等、まだ○歳じゃ。

「おじさん、おいでよー!」

何か二人とも服を脱ぎ出し、準備を始めていた!?

「ま、待ちなさい!なに脱いでんの!?」

ちなみにだ。相手は社長の娘(だった)。だから俺は彼女達が小さい頃から頭が上がらない。

「あ、おじさんは自分で脱がせたい人?」
「じゃなくて!大体なんで君たちみたいな娘がこんな……2人ともお嬢様だろ!?なんでデリヘル嬢なんか」
「なんでって……おじさんみたいな大人の男性と」
「おもいっきりエッチしたいからです」

不覚にもキュンとしてしまった。いけないのに。

この二人、確かに言動はまだ幼いが、体は立派な大人だ。

両手で包み込めないほどにデカい……柔らかそうな爆乳が、俺の目をくぎづけにする。

「ちょ、ちょっと!?」

なんか押し倒される俺。相手は二人。叶う筈もなく、チンポを剥き出しにされる。

「うっそ、マジ!?もうギンギンじゃん!」

ぐああああ、見られた。

「おじさんのすごぉ」

彼女・真夏ちゃんはウットリ眺めると、チン○に口を近づけ、舌でちろちろ舐め始めた!

一方で真冬ちゃんは、

「おじさま。おじさまは私の事を可愛がってください」といって俺にキスしてきた!?

濃厚なディープキス。流されるまま、二人の美少女に責められる俺。

2人がガキだった頃を知っているだけに、何て言うか……こ、こんな背徳的なシチュエーションがすげえ興奮する!

段々と俺は受け入れ始め、積極的に舌を絡めていった。そして…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス