人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

僕のユキ先生のあらすじ|織田nonの家庭教師エロ漫画

僕のユキ先生のあらすじ。

ちゅうちゅうと夢中でおっぱいを吸う僕。そんな僕の勃起チン○を上下にリズミカルに扱く先生。

ああ、もうだめ!もう限界!イきそう!出ちゃいそう!

なのに先生はまだダメだという。くそ!先生はいつもこうだ。僕を一方的に弄んで!

その時、ママがジュースを持って入ってきて行為は中断。

性欲と不満ばかりが僕の中に残る結果になった。

僕は日々、自室で家庭教師のユキ先生に勉強を見て貰っている。でもいつからだろう。

僕はユキ先生に普通の勉強だけじゃなく、エッチなことまで教えて貰うようになった。

僕が言うのも何だけど、先生はすっごく美人で、僕のママよりもおっぱいがでかい。そんな先生のおっぱいを吸うのが僕の日課。

でも、先生は何時もいつも主導権を握っていて、僕がしたいようにさせてくれない。

イくときも、イかせるときもいつも先生のペース、気分次第。いつかは僕も先生をイかせたい。

そう思っていた。だから僕は、先生とママが楽しげに話しているのを見て、思わず先生にエッチな悪戯をしてしまった。

ママに見えないよう、先生の背後にまわり、先生のスカートの中に手を入れる。

そして先生のパンツ越しに、ぐちゅぐちゅ濡れ濡れのおマン○を手でもさもさ刺激する。

当然先生は僕との関係がママにばれると非常にマズイ。だから、ママの前じゃ声一つ出せないし、何もできない。

それをいい事にひたすら激しく手マ○する僕。ああ、凄いよこれ。めっちゃ濡れてる!

でも、ママが部屋から出た後、先生の態度が豹変。

僕を睨みつけ、手を握ってガキのくせにやってくれるじゃないと怒鳴った。ひょっとして……凄く怒ってる!?

見た事も無い先生の荒々しい態度に怯える僕。ヤりすぎちゃった……。

と思えば、先生はスカートとパンツを脱ぎ、下半身丸出しにしてベッドに座り、僕に全てを曝け出してきた。そして手でイかせてみなさいと言いだしたのだ。

今迄、僕は先生に弄られたり、されるがままで、先生を責めた事は一度も無い。おっぱいを吸ったり揉んだりはしてたけど。

だからこそ僕が先生のおまん○を手で~なんて、新鮮過ぎて僕は言葉を失っていた。

でも先生の言う通り、先生のおっ○いをさわさわ揉みつつ、おマンコへ手を伸ばす。

よくわからないまま、先生の中に指を入れたり出したり、すると先生は何時になく激しく喘ぎ出し…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス