人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったらのあらすじ

もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったらのストーリーあらすじ。

ここは某件某市の銭湯、「長乃湯」。

この銭湯にはある特殊なサービスが、遥か昔、江戸時代より続いており、今もそのサービスを目当てに客が絶えないという。

そんな事も知らず、俺は仕事帰り、この銭湯に立ち寄る。

すると出迎えてくれたのは、愛想良く挨拶してくれる美女。

しかもノーブラなんだろう、乳首がぷっくり浮き出たシャツに、短パンという超エロい格好をしている。

にしてもこの銭湯……何か不思議だ。追加サービスというお品書きがあるが、これは一体?

訊いても教えてくれない女性。洗いが五百円、本洗いが千五百円、個室が三千円?

気になったので、とりあえず「洗い」を選択してみる事に。

そして脱衣場へ向かい、服を脱ぎ、浴槽に入るまでに体を洗い始める俺。

うーん、見た感じ、何の違和感もない普通の銭湯だ。洗いとはいったい?

すると、お待たせしましたぁ~と美女の声が。って、さっきのお姉さんだ。

しかも先ほどとは違い、ズボンではなく、褌を身に着けている。

尻がくいこんでプリンとしたお尻が浮き出て、見てるだけで勃起しそうになる。というかしてきた。ヤバい。

どうやら「洗い」とは彼女が自ら洗ってくれるサービスだったらしい。五百円でこんなことしてくれるなんて。

体中を石鹸付けたスポンジで丹念に洗ってくれる美女。

でも、とうとう俺が勃起している事に気付いた。うわ、すげぇ気まずい……。

ドンビキだろうなぁと思えば、彼女はいきなりむんずとチン○を手で握った!?

そして先端から洗う様にしゅこしゅこ擦り始める。こ、これじゃまるで手コキじゃないか!

あまりにも気持ち良すぎる快感に、俺は女の様な喘ぎ声を出し、身体をくの字にのけぞらせる。

しかも彼女の豊満なおっぱいがシャツ越しとはいえ、俺の胸板や背中に当り、そっちも凄く気持ちいい。

てかわざとやってるなこれは。彼女のサービスの良さにもう満足しまくりの俺。

けどこれなら本洗いにすればよかった。そう呟くと、彼女は畏まりましたと一言。

なんと俺の目の前で上着、もといシャツを脱ぎ、ぷるるんとでかいおっぱいを曝け出す。

す、すげぇ……こんなでかい綺麗なおっぱい、初めて見た。

そして彼女は俺の前に立ち、勃起チンポめがけて腰を卸し始めた。

ひょっとしておマンコでチンポを洗うって事!?

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス