人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

とある村の筆下ろし事情のあらすじ|初めての相手は巨乳のお姉さん

とある村の筆下ろし事情のストーリーあらすじ

外はミンミンうるさく哭いている蝉。夏真っ盛り。

僕は……初めて来るお家の前で綺麗なお姉さんと対面していた。この人が僕の「お相手」。

ドキドキが止まらない。はじめましてと挨拶すると、彼女はにこりと笑ってくれた。

「千尋よ。よろしくね」と挨拶してくれた千尋さん。

僕・拓海は緊張してうまく返事が出来ないどころか、まともに顔も見る事が出来ない。

そんな僕を千尋さんは優しく抱きしめてくれた。

僕の顔の当った先は、千尋さんの大きなお胸……ゴクリ。やわらかい。

千尋さんは大丈夫よ、優しくしてあげるからと僕を励ましてくれた。

この村には少年に筆おろしをする習慣があるんだ。

そしてその相手は自分では選ぶ事が出来ない。勿論相手にも。

くじにより選ばれ、そして童貞を卒業する……僕には何が何だかさっぱりわからない。

で、僕は千尋さんが相手なんだけど、友達のたけちゃんはよっちゃんちのお母さんが相手なんだとか。

確かに彼女は美人で優しいけど、知り合いのお母さん。少し気まずいらしい。

たけちゃんがいってた通りだ。千尋さんはすごく巨乳だった。

居間で僕は千尋さんのお胸ばかりじっと見つめていた。

視線に気づいたのか、千尋さんは服をたくし上げ、生のおっぱいを僕に見せてくれた。

初めてみたけど凄い……綺麗だ。たぷんたぷん揺れてる。

大きいだけで綺麗じゃ無くてごめんねぇと謝る千尋さん。そんな!?そんな事はないと思った。

見てるだけで胸がドキドキして止まらない。やわらかくて、ふかふかで、美味しそうな不思議な物体……

僕は、自然と両手をおっぱいの先端に当てていた。触っちゃった……・。

少し動かしてみる。もみもみ……気付けばさっきあったばかりの人のおっぱいをモミモミしてるんだ。

ん……エッチな触り方、千尋さんが呟く。かあああって顔が熱くなる僕。恥ずかしい。

けどそれより僕はびくびくしてるのに気付いた。

そう、股間がむずむずして止まらないのだ。今までこんなこと、したことなかったから。

しかも千尋さんに気付かれてしまった。

恥ずかしくて、同時にどうすればいいかわからず、僕は千尋さんに抱きつく。

すると僕の頭を優しく撫で、綺麗にしてあげるねと言ってくれた。

そこからは……。

僕は千尋さんの虜になりそうだった。こんな気持ちいい事が、あるなんて……

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス