人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

覚性エルフ娘のあらすじ|媚薬を盛られてイキ狂うエルフ

覚性エルフ娘のストーリーあらすじ。

世界各地を旅してまわる俺には、最近お気に入りの場所、お気に入りの娘がいる。

それは、辺境の森の中に住む一人の少女だ。彼女はエルフ族の娘で、名をシルフィという。

とても優しくて気さくで、純粋無垢な良い子だ。

旅の途中に立ち寄った際、彼女にはいつもプレゼントなどをしていた。

ある時のこと、俺は久しぶりに彼女の小屋に寄り、食事をごちそうになっていたんだ。

でも彼女がちょっと席を外した時、俺は偶々彼女の部屋の本棚の隅で見つけてしまう。性に関する本を。

彼女は240歳という年齢だが、人間の年齢ではまだ幼い。興味を持つのも無理はない。

……犯してみたい。エルフの少女を。

人間とは違うエルフ。一体どんなエッチが出来るんだろうか。

俺は……、俺は悪いとは思いながらも彼女が目を離したすきに、彼女の飲み物に媚薬を盛り込んでしまう。

これは、俺が普段仕入れている商品の一つだ。まさか自分で使う事になるとは。

……最初、シルフィは戸惑っていた。

今迄に味わった事のない発情という事態に。そう、頬は紅潮し、全身は熱く、自分のアソコがきゅんきゅん疼いて抑えられなくなるという感覚。

そして、シルフィを犯した。

最初は当然嫌がっていた。無理もない。これは裏切り行為。彼女へ対する冒とく。唾棄されても無理はない事だ。

しかし、「はぁ……はぁ……すごい……おれ。何なのか分かんないけど……ふぅ。これがイクってことなのかしら……まだ体がびくびくしてる……んっ」

彼女とのエッチが進むにつれ、段々と彼女は性に対して開放的になってきた。今やすっかり雌の顔つき。

全裸になって寝そべる俺の上に跨り、ギンギンになったチンポを濡れ濡れの小さいマン○が咥えて離そうとしない。自分で腰まで降る始末。

舌を出しながら喘ぎ悶え、小ぶりながらも丸出しになったおっぱいをぷるんぷるん震わせ、俺の上で悶えるシルフィ。

先ほどまでの厳格さ、荘厳さ、純粋無垢といったイメージはすっかり消失していた。

そして数日後。「んむぅぅ……ぺろっ。ちゅっちゅっ」

小屋の中で俺のギンギンにそそり立ったチンポを美味そうにしゃぶるシルフィ。

竿を飴玉の様に舐め、いやらしい顔で舐める姿は、見てて興奮が止まらない。

「憧れのシルフィ様の舌が……そう、もっともっと傘の裏側も丁寧に舐めて下さい!」

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス