人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

絶倫調教師の催眠飼育のあらすじ|JKや婦警を催眠セックス

絶倫調教師の催眠飼育のストーリーあらすじ。

「あっ♡」「アッ♡」「あ……」

ある建物の地下室。そこで繰り広げられる饗宴。

無数の美少女、美女が全裸で各々男達に犯されていた。

寝そべる男に下からチンポでマンコを突き上げられる者もいれば、後ろから挿入され、同時に口の中にも突っ込まれる者もいる……。

これぞまさしく乱交セックス!

しかししばらくすると、ジリリリリリン。

電話が鳴り響き、

「ちっ。お前ら、ここまでだ。またくるぜ、おじょうちゃん達」

彼女達を取り残し、男達は去っていく。ここは一体……?

一方、ある警察署の第一管内の会議室では、

「おはようございまーす」
「遅刻よ!岡本君!!」

遅れてやってきた新米刑事・岡本に先輩の女刑事・月島が怒鳴っていた。

「さて、これを見て頂戴」
「なんです?それ」

「今日から私達が担当する事件の詳細。昨日言ったでしょ?」

この一か月。管内で5人の少女が行方不明になっている。それだけじゃない。

同時に三人の婦警も姿を消しており、同事件と関係があるのではないかと囁かれているのだ。

「連れ去りの可能性が高いわ。ただ、怪しい男を見たとか目撃証言が一切ないのよ」

何の手がかりも無い。という訳でもなく、一応容疑者らしき男を一人確保している。

「一応、今日にも事情聴取よ」

こうして二人は捜査を始めたのだが……。

数日後。「あー♡あー♡」

男達に囲まれ、チンポでマンコを抉られて全裸でよがりまくる月島の姿があった。

盛大に精液を体の奥まで注ぎ込まれ、同時に他の男達に体中にドロドロの臭いザーメンをぶっかけられ、ウットリ発情顔で堪能してしまう彼女。

そこにはもう刑事としての自覚、尊厳などは一切無く、ただただ快楽を求める雌の顔しかなかった。

「ふふっ。どうです。先輩。素敵でしょ?」

笑ながら彼女の両足を持ち上げ、ぐいっとマン○をおおっぴらに広げる男……岡本。

そう、月島はハめられたのだ。岡本は連れ去り犯の一味で、月島をグループの催眠術師に事情聴取させ、見事に彼女を催眠術で籠絡。

そして今、こうして月島も他の連れ去られた女性たちと同様、催眠乱交セックスの虜になってしまっている。

「それにしても、ずいぶん乱れましたねぇ。ククク」

月島のマン○に他の女性たちが群がり、彼女の濡れたアソコを一心不乱に舐めていく。

「ああああああー♡」
「まだ楽しませて貰いますよ?」

快楽が快楽を呼び、抜け出せない状態。最初はまだシッカリしていた自我が今は段々と薄れていく。

もうこのままセックスに溺れてしまいそうになる…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス