人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

操作アプリでクールな巨乳JKを即アヘミルクのあらすじ|スマホアプリでJKコントロール

操作アプリでクールな巨乳JKを即アヘミルクのストーリーあらすじ。

彼女を初めて見てから大分経つ。

俺好みのデカいおっぱいと可愛い顔、むちむちのふとももがひどく印象に残り、以来俺のお気に入りオナペットと化した。

ああ、一度で良いからあの子を抱いてみたい……セックスしたい。

そんな願望を日々抱き続ける中、俺はあるアプリを手に入れた。

――1年以上毎日オナペットにした人限定、1日その人を好きに操作できるアプリ。

ありえねえ。意味が分からないよな。でも藁にもすがる思いで俺はこのアプリを試してみる事にした。

や、やあそこのおっ○いちゃん。おじさんとセックスしない?

昼間に町中であの子にそんな直球のナンパをしてみた。すると、

「はぁ?もしかして私?ウリとかやってないから……よそあたって」

初めて交わした言葉はこれ。冷たい視線で睨みつけ、過ぎ去ろうとする彼女。

や、やばい。アプリ起動!

すると彼女は突然動きが止まった。で、俺が再度ホテルに行こうと促すと、今度は素直に「は、はい」とうなずいてくれた。やったぜ!

それから俺は彼女とホテルに向かった。こんな汚いおっさんが、高嶺の花だったJKとヤれるなんて最高だ……彼女の持ち物を見てようやく名前が分かった。

三咲舞衣ちゃんというらしい。可愛い名前だ。

とりあえず俺はホテルに着くなり、彼女の制服を脱がし、ブラも脱がし、シャツを着てはいるけどボタンを外した半裸状態にしてみた。

露わになる彼女の爆乳。そこらのグラドルよりよほどでかい。

触ってみる。むにゅっむにゅ。

先っぽを摘まんだり、色々と弄りまわしてみる。幸せだ。

こんな触り心地の良いおっ○いがこの世にあるなんて……。

「汚い手で触らないで!あなたなんかにイカされるわけないでしょ!?」

罵声を浴びせてくる彼女。でも彼女は俺に逆らえないのだ。

俺は更に執拗に彼女のおっぱいを中心に愛撫してみた。

乳首を摘まみ、ただひたすら扱くのだ。チンポでも扱くようにしこしこと。

すると彼女は流石に我慢出来ない気持ち良さを体験しているのだろう。

びくびく身体は震え、はあはあと荒く喘ぎ、汗が凄い事になっている。

ククク、もういきそうなのかな。乳首が勃起して固くなっている。

すると、「んほおおおおおおおおっイグイグイグイグゥゥゥゥ」と悶絶している。

彼女は俺の想像していたよりも早く、そしてはしたなく絶頂してくれた。

これから彼女を好きなだけ快楽調教してやる…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス