人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

催眠Appのあらすじ|スマホアプリで催眠レイプし放題

催眠Appのストーリーあらすじ。

俺は、モテない。一度も女性の身体に触れた事が無いし、その機会も無さそう。女性とも殆ど縁が無い生活してるしな。

「はぁ…嫌になる。」そんな俺、ある日の仕事帰り、携帯でネットサーフィンしてたら、たまたま催眠アプリという珍妙な名前のアプリを見つける。何だこれ。

何々。このアプリを使えば、人を自由自在にコントロールする事が出来ます。はは、そんな便利なものがある訳がない。

俺は半信半疑だった。でも話のネタになるかもしれない。してみる。明日、あの子に話してみるか。

翌日、俺は夕暮れ時に自宅のマンションの通路にて幼馴染みの女子高生・寺田ちとせちゃんとばったり鉢合わせた。

今日も相変わらず可愛い。というかおっぱいでけええええ。

彼女は制服姿だが、そのシャツの上からでも分るほどデカい。盛り上がってるし。隆起が凄いし。

そんな彼女と俺はただの知り合いだ。幼馴染みだが、マジで挨拶するだけ。デートくらいしたいぜ!

で、俺は彼女にこの催眠アプリ使ってみようと思った。話のネタになるかもしれないしな!

俺達って恋人だったよね。挨拶の後、そんなジョークを言ってみた。

すると彼女はきょとんとした顔で俺を見つめた。やばい。ちとせちゃんは何言ってるんですかと聞いてきた。

即座に謝る俺。そうだ、この子はこういうジョークが通じないんだ。

私達ずっと前から恋人じゃないですかーと言い始めた。え?

こういうジョークを彼女が言う筈がない。マジで?もしかして、この催眠アプリ、本物なのか?

俺は……不安がありながらも彼女のデカおっ○いをモミモミしてみた。

ん……と、くぐもった声で喘ぐちとせちゃん。抵抗一つしない。これは、俺は溜まらなくなり、彼女にキスしてみた。

すると彼女は受け入れてくれた。何て事だ。あの美少女JKが、高嶺の花が、今は俺のモノ!?俺は彼女の手を握り、部屋へバックした。

そして自室で彼女とセック○にしゃれ込む。いやー、我慢出来る筈ないし!

彼女の服を脱がし、もうチン○をマン○に挿入し、ガンガン腰振っていた。彼女の中、温かくてぬめぬめで、最高に気持ちいいよ。

これがJKの膣内…俺は孕ませるつもりで彼女の中に何度も何度も中出しした。飽きるまで延々と。

だがその後、俺はこのアプリを使い、さらなる目標を探し、外へ向かう…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス