人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

誰から挿れる?引っ越し先は夜這いOKの村のあらすじ|夜這いの残る村で童貞を狙う人妻たち

誰から挿れる?引っ越し先は夜這いOKの村のストーリーあらすじ。

ブロロロ、マンションの外では相変わらず車の音がうるさく鳴り響きいている。

やる気が出ない。無気力状態というやつだ。

俺はバイト先と安アパートを往復するだけの虚しい日々を送っている。友人も家族も恋人もいない。あるのは少しばかりの貯金だけ。

もう疲れてしまった。何もかもに。

でも、そんな俺の目に入ったのはある移住者誘致のチラシ。

「都会を捨てて田舎で暮らそう!」

そんな直球のキャッチコピーで書かれたチラシ。田舎、か。都会にない自然がある…俺は思い切ってそのチラシの誘いに乗って見る事に。

で、今日から俺は田舎のボロ家に1人住む事になった。ぼろい。木造建築らしいが、大地震がきたらすぐさま倒壊しそうだ。

でも一軒家!都会じゃ考えられない事だ。

――その日の夜、俺はぐっすりと部屋で寝ていたんだが、何やら物音が聞こえる。強盗?まさか。こんな田舎でわざわざ俺の家に?

恐怖のあまり、俺は心臓がバクバクドキドキ。とはいえおそるおそる目を開けてみると、

「へあっ!?」
「あら、起きたの。寝たままハメるのもいいと思ったのに…」

ど、どういうことだ。

ご近所の美人奥さんが素っ裸で俺を見下ろしている。うん、服は脱ぎ駆けで、おっ○いもマンコも丸見えだ。

「引っ越してからまだどこにも夜這いしてないっていうじゃない。心配になっちゃって」
「夜這い!?」

えーと。どうやら彼女の話によれば、この村には古くから居倍の習慣があるんだという。

何でも子孫繁栄させようにも人口が少なく、ならいっそ夜這いをする事で女は子種を授かり、子供を産むんだとかなんとか…。

で、俺の所に彼女は来たと。

「それに村の人間と誰とも交わっていない人は、村人とは認めて貰えないの。だから私と寝ましょう?」

彼女に半ば強引に押し切られ、俺はそのままセックスすることに!?

彼女は俺の上に馬乗りになり、ギンギンに勃起したチンポにマンコを挿入せんとしてくる。ま、まずい!このままじゃハめてしまう!ゴム無しで!

いやそういうことじゃ…。

「ちょ、まってください!俺、初めてなんです!!」
「えっ!?」

童貞をカミングアウトする事になる俺…。でもこれで止まらなかった。

「ほら、おちんちん、ぬぷぬぷはいっていくわよ。わかる?」

うぅ、これが女性の中…ぬめぬめしていて、とっても気持ちいい…。

「ほら、一番奥まで入っちゃった」

こうして俺は夜這いで童貞を卒業する事に…だが夜はまだ長い。お楽しみはこれからだ…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス