人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

大好きなママがボクの目の前で何度も汚された日のあらすじ|母がレイプされるのを見て興奮する息子

大好きなママがボクの目の前で何度も汚された日のストーリーあらすじ。

朝、どこにでもあるようなとある過程の食卓。

「優ちゃん、朝ごはんできたわよー」
「はーい。すぐいくー」
「きょうは友くんのところ遊びに行くんでしょ?早くご飯食べて支度しちゃいなさい」

母親に促されて息子の優は椅子に座り、食事を始める。

そして食事を終えると元気イッパイ外に飛び出そうとしたのだが、

「あれ?ママ、どうしたの?浮かない顔して」
「最近ちょっと心配なことがあって……あのね」

何でも、彼女は家の中でも外でも最近誰かに見られている様な感覚をするらしい。しかもお父さんは出張中。

不気味で堪らないのだが、何よりも優が誘拐でもされないか不安なんだとか。

「ママは心配しすぎだよー。夕方にはちゃんと帰るから」
「そうよね。ちょっと心配しすぎちゃってるのかしら……」

だがこの不安は的中する。

優が出かけて、洗濯物を取り込もうとベランダへ向かおうとした刹那、

「!?」
「おっと奥さん。大事な忘れ物ですぜぇ。玄関の鍵はしっかり閉めんとなぁ~」

知らない男、それも筋肉質のごつい中年男にいきなり口を手で塞がれ、抱きすくめられた。

しかももう片方の手には出刃包丁が握られている。

「しっかりした息子さんじゃねえか。顏は覚えたからなぁ。さて、用があるのは奥さん。あんただ。ちと付きあってもらうぜぇ?」

彼女はそのまま男に縄跳びで縛られ、布で目隠し、口を塞がれて今に連れて行かれた。

「別に悪いようにはしないですよ。ちょっとしたビデオ撮影につきあって貰いたいだけですよ。レイプ物のね」
「んんー…!」

男はビデオカメラを三脚で立て、オートで撮影を始めると、彼女に抱きつき、後ろから乱暴に胸をまさぐる。

「はぁ~たまんねぇ。なんでぇこんなエロイカラダしてるんですか」
「んっんっ(やめてー!)」
「この日のためにたっぷり溜め込んできたんでね。満足して戴けると思いますよ」

そして男は彼女を地面に寝そべらせ、スカートを脱がせていく。

「はぁはぁ。なんてエロいでかケツしてやがるんだ……」

男はパンツ越しにぎゅっぎゅっと彼女の尻を揉んでいく。

怯え、震える彼女だが、男に荒々しく敏感な場所を揉まれ、段々とアソコが濡れてきてしまう。

「はやくぶちこみてぇなぁ。奥さんもパンツ濡らして期待してるんだろ?」

だが彼女の災難はこれだけじゃなかった。こんな悪いタイミングに息子が帰ってきてしまい……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス