人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

夏山車中のあらすじ|クソ生意気な従妹にキモヲタ童貞が肉棒制裁

夏山車中のストーリーあらすじ。

仮免練習の為、従兄弟であるトシオの車を借りて練習していたセリカ。

しかし田舎道で事故を起こしてしまい、車は茂みにツッコんで動かなくなってしまう。

夏の暑い日に、車の中に閉じ込められた2人。

とはいえ傲岸不遜のセリカは全く気にせず、友達に携帯で電話して雑談中。

一方、車の持ち主であるトシオはしくしく涙を流して悲しんでいた。

「うぐぅ……さっきガリガリ凄い音したよ。絶対コロ丸傷ついたよう」
「はあ?車に名前つけてんの?キモ」

トシオ曰く、コロ丸は彼が初めて買った車で、相棒のような存在らしい。

しかしセリカは全く悪びれず、謝ってもくれない。昔から二人はこんな調子なのだが……。

「そうだ。この際窓割って脱出すればいいじゃん」
「!?」

セリカがガンガン窓を蹴り始め、流石に温厚なトシオもブちぎれる。

「やめろってばぁ!!!」

セリカに抱きつき、やめさせようとする。

しかし勢い余ってセリカのふくよかなおっぱいをシャツの上からにぎにぎ揉んでしまう。その上、彼の顔はセリカの股間に!?

とはいえブちぎれているトシオは、

「セリカの胸なんてどうでもいいね。つか今の出っ張り、胸だったの?」

と煽ってくる始末。そして二人の口論はエスカレートしていき、トシオはセリカに脱いでみれば良いと挑発してしまう。

何気ない言葉。しかしセリカもまさかトシオがそれで何かしてくると思わず、シャツを脱いで豊満なおっぱいをブラごしに見せつける。

それでも一向に興奮しないどころか、セリカを女だと思った事が無いと罵ってくる。

でもセリカのブラをたくし上げて、生おっぱいを見ると、

「初めて見る生のおっぱい……」

食い入るように見つめるトシオ。綺麗豊満なJKの乳房。

先っぽがツンと立ってきているのも分る。そして我慢出来なくなりトシオはつい舐めてしまう。

初めて舐めるおっ○いはとてもやわからくて、それでいて弾力感があり、トシオが今迄味わった事の無いものだった。

流石にこれ以上はまずいと感じるセリカ。やめるように訴えるのだがトシオの暴走は止まらない。

それどころかおっ○いをべろべろと舐め回し、もう片方の手で余った乳房を揉みまくり、どんどいんエスカレートしていく。

ちゅうちゅうと吸い付いたり、先っぽを舐めたり、やりたい放題のトシオ。

気持ち悪いはずなのに、体は反応してしまい……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス