人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

つゆ籠りのあらすじ|中年ニートが処女の巫女を孕ませレイプ

つゆ籠りのストーリーあらすじ。

ザアアア、と雨が勢いよく降る中、俺は一人小さなお社の傍で立ち尽くしていた。

傘?持ってねえ。仕方ないから雨宿りをしてるって訳だ。

にしても子宝祈願とか独身中年ニートに対する嫌味か?こんな神社、用ねえのに偶々通りがかったらこれだ。

ああ、いいことねえ。憂鬱だ。就職したくないけどしてえ。

パキッ。木の枝が折れた音だ。誰か来る?

するとそこには、

「あ、こんにちは!参拝いただき、ありがとうございます!」

なんとも可愛らしい巫女さんが笑顔で立っていた。巫女!濡れてる!透けてる!エロい!

「すみません、せっかくご参拝いただいたのに突然振りだしちゃって」
「あ、うん…」

コミュ障で女性となんて殆ど話した事無い俺はうまく答えられない。

「子宝祈願ですか?」
「あ…うん」

おっぱい!透けて見えてる!糞!やりてえええええ!こいつと子づくりしたいな!

「ああやっぱり!きっと元気で可愛いお子さんを授かりますよ!私が保証します!」

お前がママになるんだよ!といってやりたい。糞!

服が透けてる。おっぱい、うまそうだなぁ…吸いたい。舐めたい。しゃぶって揉みしごきたい。

「お花をお供えするのでちょっと失礼します」

そういって彼女は俺に背を向け、社の中に入っていった。

…誰もいないな。雨降ってるし。誰も来ない。俺、今、この娘と二人きり…。

きっと元気で可愛いお子さんを授かります、か。私が保証すると言ってたな。そうか、私で子作りしろってことか!

「お子さんは何人位ほしいんですか?」
「そうだなぁ。何人でもいいかなぁ」

うんうん、君となら何人でも作れるよ。

社の中に入ると彼女は可愛いお尻をふりふりさせていた。

勿論尻もマンコも服が透けて丸見えだ!パンツすら穿いてないのかよ!

俺は彼女のスカートをめくる。すると彼女の濡れ濡れのアソコが丸見えになった。

「いやん。なんかスース―する。巫女さんの服って和服と一緒で下着を付けないので、すーすーするんですよね」

あぁいいにおいがする…クンクンと臭いを嗅いでいるともうそれだけでたまらない!まだ処女なんだろうか。

小便くせえがとても甘酸っぱくて鼻を刺激する甘い鮮烈な匂い。くうう、もう我慢出来ねえ。

「ふえええええ!?い、いけません!こんなこと!」

俺は彼女のアソコにしゃぶりついていた…。

もうこの子を孕ませるまで俺の欲望は止まらねえ!!

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス