人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

かえりみち-上司の娘と二人きり-のあらすじ|ずぶ濡れJKを生ハメレイプ

かえりみち-上司の娘と二人きり-のストーリーあらすじ。

しかし、今日は特別酷いな。

外回りの営業中に突然夕立に遭った。

最近はゲリラ豪雨気味の土砂降りが多い。営業から帰る途中の俺としては非常に陰鬱な気持ちになる。

ズボンも靴もグショグショ。帰っても俺を迎えてくれる人もいないから、洗濯も自分でしなきゃならない。……最悪だ。

そんな雨の中、足早に帰宅していると途中で1人の少女を交差点で見つけた。

高校生くらいの年齢で制服を着ているが、傘もささず、ずぶぬれだ。

激しい飴に当っているからだろう。シャツは濡れて透け、ブラウスがぴったりと張り付いて何とも言えぬエロスを醸し出している。

それにしても長い黒髪といい、デカい胸と良い、随分良い身体をしている……なんて観察している場合じゃないな。

ふと少女が顔をあげると、思わず俺と目が合ってしまった。笑っている?

そして気付いた。あの子は見た事がある。そう、俺の……上司の娘だ。

厄介な時に出会ってしまった。

彼女は俺の直接の上司である部長の娘だ。

よく部長には自宅で飲みに誘われ、お邪魔する事があり、その時に何度か顔を合わせている。

やむを得ず俺は、「ありがとうございます。助かりました」

俺は傘を持っていたので彼女を傘に入れ、とりあえず歩き出した。

で、「すみません。雨宿りまでさせて戴いてしまって」

俺は彼女を家にあげてしまった。そりゃそうだろう。

雨は当分にやみそうにないし、こんなずぶ濡れの状態で返す訳にはいかない。

とりあえず俺は家に上げた彼女にタオルを渡し、濡れた髪を噴いている様を眺めていた。

だが……むくむくと股間が膨らんでくる。濡れたシャツ。エロい身体。女子校生……。

俺は必死に我慢していたが、一瞬の欲望で思わず彼女に抱きついていた。

「い、いや、震えていたから寒いと思ってね」

誤魔化してはみたが、やはりちょっと苦しい言い訳だ。

とはいえ、久しぶりに触れた女体……やわらかい。気持ちいい。

俺はいけないとも甥も五つも、「僕も少し寒くてね」

そういって彼女の首筋に鼻先を押し付けて、すーすー吸う。少女特有の甘い匂い。すげえ。

もう俺は我慢出来なくなり、とうとう彼女の豊満なふくらみに手を伸ばす。

「きゃあ!」という可愛らしい小さな声。

でも、俺は夢中で彼女のたわわに実った乳房を揉みしだいた。

ブラウス越しとはいえ、少女の柔肉が何と心地いい事か。

相手は上司の娘。犯すなんてしちゃいけない。

だが抑え込んでいた欲望は遂に我慢できなくなって全てを解放し…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス