人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

離島の海女は、義父の餌のあらすじ|キモオヤジにNTRされる若妻

離島の海女は、義父の餌のストーリーあらすじ。

この春、あるカップルが本土から船で二時間もかかる島へ引っ越してきた。

二人は島に着くなり祝言をあげ、新しい生活へと踏み出そうとしている。

しかし、旦那と一緒に過ごす時間も全く取れなかったのだ。

「あいつも忙しいやつじゃ。祝言をあげたらそのままとんぼ返りとはのぉ」
「仕方ないですよ。やっと自分の開発したゲームが認められて、プロジェクト・チーフを任されたんですもの」
「それはそうじゃが……1週間に1度しか帰ってこれんとは……新婚だというのに美紀さんが不憫でならん」

彼は美紀の旦那の父、今は美紀の義父に当る存在。旦那が不在の間、美紀は彼と二人きりで生活していかなければならなくなっている。

「私は平気です。お義父さんも冬眠の皆さんもとても優しいので、寂しくありません!」
「そうか?じゃああいつも出た事だし、わしらも始めるとしようかのぉ」
「始める?」
「さっそくじゃが、これに着替えてくれるかのぉ」
「これって…」

義父に渡されたモノ。それは、

「今日から美紀さんには海女さんになる練習をして貰うでのぉ」
「え!?海女さん!?」

そう、この島では漁業を生業の中心としている。女性も海女として日々精を出すことが島民の勤めなのだ。

「ささ、下着を脱いで」
「え、でも…」

服を脱ぎ、下着姿になる義父の前で戸惑う美紀。

「大丈夫じゃ。美紀さん。ワシに任せなさい」

優しく微笑む義父。彼の笑顔に安心した美紀はやむなく服を脱ぎ、海女さんの大胆な衣装に着替える事に。

「まずはこれからじゃ」
「あっ」

裸の美紀の股に布きれを巻いていく義父。

「こ、これは…」
「ふんどしじゃよ」
「ふんどし!?」

とはいえ今更拒むわけにもいかず、彼のされるがままにふんどしを穿く羽目に。

「こっちの布もさ、しっかり握って」
「は、はい」

ぐいぐい布を強く引き締める彼。その度にアソコに食いこみ、思わず、

「んっ。んんっ」

えっちな声が漏れてしまう美紀。

そして二人は海へ行き、実際にもぐってみる事にしたのだが…。

「あっ」と足を滑らせ、義父に抱きついてしまう美紀。

「す、すいません!お義父さん!」

その際、美紀の尻を思わず掴んでしまい、彼は美紀のムチムチなボディの良さに気付いてしまう。こうして段々魅了されてしまい…。

そして午後、初めての海女での作業に疲れて居間で寝ていた美紀。彼女の傍にひっそり義父が近づいていく。

大胆にも露出した豊満なおっぱい。丸見えのアソコ…彼は。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス