人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

清楚お嬢様母娘の寝取られライフのあらすじ|中年ハゲオヤジが親子丼寝取り

清楚お嬢様母娘の寝取られライフのストーリーあらすじ。

朝、僕は幼馴染の家に迎えに行く。

「あ、おはよう、ゆう君」
「あら、迎えに来てくれたのね。わざわざありがとう」

僕に微笑みかけてくれる美少女と美女。顏立ちがそっくりのこの二人は親子だ。

この辺りでも有名な清楚系お嬢様母娘として有名な二人。

そんな僕と彼女は小さい頃からずっと一緒だった。

でも、そんな僕たちの関係に変化が訪れるなんてこの時、僕はまだ予想もしていなかった……。

その頃、この母娘を遠くから見つめる中年薄禿男が一人。

俺は裕福な家庭に住む奴らが憎くてたまらなかった。金もある、豪華な家もある、立派な彼氏や旦那がいる……ふざけるな。

俺が台無しにしてやる!

こうして俺は馬鹿真面目な御嬢様母娘に接近し、騙す事にした。

最初は当然2人とも俺の話なんかに耳を貸そうともしなかった。

だが、人を疑う事の知らない馬鹿正直でお人よしな女二人、気付けば俺は、

自宅に上り込、全裸になった娘に俺のチンポを爆乳で挟ませ、パイずりさせていた。

ここまでくるのは大変だった。何しろ母親の方はともかく、娘の方はエッチがほぼ経験不足。ちんぽの悦ばせ方がまるで下手糞だったのだ。

しかし今は違う。以前の様なぎこちない動きではなく、自分の手で乳を抑え、動かし、むにゅむにゅと俺のモノを竿から亀頭まで刺激してきやがる。

「あぁーそろそろ出そうだ。ラストスパートだ。激しく動かせ!」

俺のドクドク脈打ったモノから出る精○が恋しくてたまらないんだろう。

彼女ははぁはぁと熱い吐息を漏らしながら、必死にデカパイを動かし、射精を促してくる。

ククク、楽しいぜ。勿論、娘だけじゃない。母親の方も俺の虜だ。

「ほら、そのままそこ上ってケツこっちに向けろ!」

恥ずかしいといって顔を背ける彼女。当然か。

彼女は今バニーガールの格好+Tバックパンツというとんでもないドスケベな格好で、俺の前で尻を向けてるんだからな。

娘と同じ美しい顔立ち。品性あるマダム。そんなイメージとは真逆の下品な格好、ポーズを彼女は今している。

ムチムチのデカい尻と太もも、パンツの紐が食いこんでマン肉がすげえ事になってやがる。

それを事細かく実況すると彼女は更に恥ずかしがる。

ああ、これだ。俺の理想!旦那も彼氏も知らない痴態を俺は今、味わっている。

このまま俺の性奴隷にして可愛がってやるぜ…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス