人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

沢村逢さん(26)の消えない幻影のあらすじ|キモハゲオヤジの肉棒調教再び!

沢村逢さん(26)の消えない幻影のストーリーあらすじ。

沢村逢さん(26歳)は自宅で、今お付き合いしている彼からのメールを見て満面の笑みを浮かべていた。

文面には逢を最高の女性と称え、愛しているとある。

相手の男性は亮太。もうかれこれ付きあい始めて5年になり、体の関係も結んで長い。

同棲まではしていないものの、近い内に将来の事も考えていきたいと逢は考えている。

しかし、彼女の脳裏にある嫌な予感がよぎる。

それは彼女が学生時代、犯した過ち。ある嫌な男とのセックス。

思い出したくもないのに今でも思い出してしまう悪夢。

だがそれが再び現実となってしまう。

「フヒヒ、いやぁ。久しぶりやのぅ。逢ちゃん」

10年ぶりに逢の前に姿を現した中年男。彼の名前は雲市洋介。

かつて逢の通っていた学校で保険医をしていた男で、彼女を罠にはめ、散々体を弄んだ男だ。

保健の先生だった、関西弁の禿げ頭と太り具合、脂ぎった肌が彼女は嫌いだった。

しかし、彼女の下に洋介はあの時の写真「逢を外で犯した頃の写真」を携帯で送って来たのだ。

「なあ逢ちゃん、久しぶりにどや?」

そう、彼の狙いは再び逢とヤること。もちろんこの要求、拒めば彼は逢の友達に片っ端からあの写真を送りつけるという。

そうなれば逢の今の幸せは全て壊されてしまう……。

「一回だけなら……あと一回だけなら。その代り今日以降二度と私に関わるのはやめて」

しかしこの判断が誤りだった。

裸になってお互いに寝そべり、いざセックスすると……

洋介の愛撫は今も尚、激しく、それでいて堪らなく気持ちいい。

逢と何度もヤった事があるだけに彼女の敏感な場所、弱い責め方を掴んでいるのだ。

手マンされているだけで、理性が頭から消えてしまいそうな位にあんあん喘ぎ、悶えてしまう。

「ほれ、聞こえるやろ?ん?先生にこんなにされてめっちゃいやらしい音立てとるで?」

ぐちゅぐちゅと淫靡な音を立ててしまう逢のアソコ。洋介の指で止めどなく愛○が零れ、布団を濡らしていく。

大好きな彼の事など忘れ、思い出すのは昔、外で乱暴にされたレイプ。

しかしいよいよ絶頂しそうといったところで、

「いかんいかん。つい指だけでイかしてしまうところやったわ」

そう、まだ肝心のチン○を挿入していないという。

ギンギンにそそり立った洋介のチンポを見て、逢はかつての快楽に逆らえずに……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス