人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

偶然再会した同級生(人妻)を堕とす話のあらすじ|酔わせてホテルで生ハメNTR

偶然再会した同級生(人妻)を堕とす話のストーリーあらすじ。

同級生と再会した時、あまりに相手が美人になり過ぎていて驚く。

なんてシチュエーションはよくある事だと思う。

とはいえまさか自分の身にも起きるとは夢にも思わなかった。

町中で偶然再会した俺達。2人して声を上げた。

花音田 真由美、俺の元同級生だ。結構仲は良かった方だが、学校を卒業してからはすっかり音信不通だった。

それがこうして偶然再会したのは奇跡ともいえる。

何気ない挨拶から世間話に繋がり、話は盛り上がり、いつしか俺達は居酒屋で飲み交わしていた。

……しかし、真由美は随分綺麗になった。

旦那がいるらしいが、端整整った顔つきに、服の上からでも分るほどメリハリの付いたデカい乳、きゅっと締まったウエスト……最高の人妻だな。

「な~によ、人のおっぱいじろじろ見ちゃって。あたしに欲情しちゃった?」

う。気付かれたか。

今更隠す気も起きず、俺は素直にヤりたい気分だと彼女に伝えた。

もしかしたらヤれるかもしれない。そんな一縷の望みを託して。

すると、「あたしをその気にさせられれば~ヤラしたげてもいいかも。なんてね」マジで!?

真由美は軽い冗談のつもりだったのだろう。だが俺は冗談とは受け止められない。

紆余曲折の末、俺達はホテルで、「ん……んふぁ…ダメ、だって……」

恋人の様な甘い、頭が蕩ける様なディープキスを堪能していた。

彼女を抱きよせ、彼女自慢であろうおっぱいを俺の胸に押しつけるよう、ぎゅっと抱きしめながら。

はぁ。最高だ。これが人妻との不倫。俺は今迄に味わった事のない優越感、快楽に浸っていた。

そして彼女の後ろに回り、シャツとブラをたくし上げ、あの大好きなデカ乳を曝け出す。

実物はやはりデカい。メロンか?俺の掌にとても収まりきらない……。

俺は夢中になって両手でワシワシ揉みまくる。マシュマロの様に形を変え、弾力を楽しむ事が出来る。

俺は彼女のうなじに舌を這わせ、彼女の艶々な肌を堪能する。髪もシャンプーの良い匂いだ。くらくらしてくる。

だが、「や、やっぱダメだって……あたし、旦那がいるから……」

なんて今更日和った言葉を口にする彼女。とはいえ、「ふ、フェラしたげるからさ。それで……ね」

終りにしようってか。ぬるい。俺は極太勃起チンポを彼女に見せつける。

驚愕する彼女。ククク、旦那のよりデカいだろうさ。

これを咥えて正常でいられるかな?

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス