人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

ネトラレ~私今からアナタ以外の男に抱かれますのあらすじ|義父のテクにイカされた妻

ネトラレ~私今からアナタ以外の男に抱かれますのストーリーあらすじ。

「ん……あなた……っ」

台所で料理している最中、夫に突然求められ、キスに応じる伊都子。舌を絡め、恋人の様に愛し合う。

とはいえ夕飯に遅れるので断るのだが、夫は強情で性欲が強く、聞こうとはしない。

彼女のデカパイをわしわし揉みながら、自分の滾る肉棒を露出させ、彼女のアソコに捻じ込み、そのままセックスを始めてしまう。

そんな夫婦の営みを、隣の部屋から静かに覗いていた男が一人いる事も知らず。

この後、セックスを終えて無事ご飯を作り、夕飯を食べ終えた三人。

「お義父さん、今日はお夕飯遅くなっちゃってすみませんでした」
「いやいや、いつも作って貰えるだけありがたいよ」
「お義父さん……」

優しく笑う義父に頬が弛む。今、彼女は夫の父であり、今は伊都子の義理の父と同居しているのが実情だ。

介護するまでには至らないが、一日中家にいるので食事など含め、色々と彼女が面倒見ている。

食後、伊都子がこたつでくつろいでいると、突然股間に足が伸びてくるのを感じる。

隣にいる夫が、義父が傍にいるにも拘らず、愛撫してきたのだと感じた。

でもこの足の位置、よく考えると彼の足ではない。すると義父が……?

ぷるぷると震える伊都子。しかしここで嫌がったり喚くと気まずい。何も言えず、ただただ為すがままにされる。

だが、義父の足の指が、妙に彼女の敏感な場所をぐにぐにと刺激し、気持ち良くなってしまう。ガクガクと震えだす伊都子を見て夫は、

「どうした?顏真っ赤だし、震えてるぞ?」と疑う。

とはいえ気付かれる訳にはいかないので風邪気味かもと誤魔化す。

しかし義父の足がマンコだけでなく、彼女のおっぱいまで弄り始める。

器用に胸の先っぽに足を押し当て、グリグリと優しく、でも的確に弄ってくる。

家族の前でイきたくない。でも我慢出来ず、密かにびくびくっと絶頂してしまう伊都子。

その後、夫は一人眠いからと先に寝てしまう。取り残された義父と伊都子。二人きりになると、

「私の足の指だけで達してしまったんだね」

そういってにじりより、抱きしめられてしまう。

おもむろに彼女のアソコに手をあて、パンストを破いて、直に指を入れてくる義父。

あの夫にしてこの父親あり。彼もまた、息子と同じく性欲の強い男だった。

彼はそのまま勃起した自分のチンポを出し……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス