人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

JKビッチに搾られたいのあらすじ|童貞男子の初エッチはビッチギャル

JKビッチに搾られたいのストーリーあらすじ。

俺はモテない。ああ、モテない。だがこの学校にはビッチが山と言うほどいて、全員身体を武器にしてやりたい放題している。

そう、こんな非モテ民な俺も彼女達相手なら良い思いをする事が出来る。そんな学校での体験談をこれから皆様にお話しようと思う。

ある日の休み時間、俺は教室で隣の席のビチ子に話しかけられた。

コイツはお金が無いと誰とでもやると評判のビッチだ。だが顔はイイ。スタイルも良い。おっぱいがデカいのも魅力的だ。

で、話題の内容はやはり金だった。昼飯を買う金も無いだと?どうでもいい…。

だが、千円でごっくんフェラをすると言い出すビチ子。マジかよ。当然だが超安い。

俺は毎度毎度、この女の小遣い稼ぎに利用されているが、それでも構わない。千円を差出、彼女とヤることにした。

彼女はシャツのボタンを外し、大きなおっぱいを俺の前にさらけ出してくれた。

ぶるんと揺れ動くデカパイ…何て暴力的な大きさは何なんだ。

くっ、流石にここまでされると嫌でも勃起してきてしまう。

はぁ。おっぱい触りたい…そんな悩ましげな視線でおっぱいを見つめ続ける俺。

ビチ子も気付いたのだろう。フェラさせてくれたら、触ってもいいと言い出す。

現金な奴だが、俺は了承し、彼女の胸に手を伸ばした。弾力感豊かで、揉み心地のいい巨乳。

すげえ。ふにふに揉む度に俺の手の中で形が変わり、まるでマシュマロかモチを揉んでいる様な不思議な感覚。

しかも彼女にフェラしてもらうという話だ。これは…!

だが一方、俺は彼女以外にもビッチの知り合いがいる。まあこの学校にはビッチばかりだから、必然的に知り合うのだが。

昼休みの校庭にてユル子を発見。彼女は俺の後輩だ。貞操観念が緩く、身体も性格もゆるいだらしない奴。

だが彼女はいきなり俺にチンポがでかいか聞いてきた。いきなり何いってやがるんだコイツは…。

しかし、突然ブラウスのボタンを外し、脱ぎ始めるユル子。

待て待て待て。何が起きているのかさっぱり理解出来ない…。

とはいえユル子もビチ子並に、いや、それ以上にデカいおっぱいの持ち主。

そのおっぱいが校庭のど真ん中で開放されたのだ。破壊力は抜群!

で、コイツは俺に試しにチンポを入れてみたいとか言い出す始末だ。

マジかよ…だが我慢なんて出来る筈もなく、俺は彼女と生ハメを繰り返していく…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス