人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

痴漢した女子高生とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛のあらすじ

痴漢した女子高生とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛のあらすじ

今日もいた。俺は今、会社の帰りに電車を使っているのだが、その電車内である女子高生を眺める事が日課となっていた。

彼女の名前は……知らない。どこの学校の子かもわからない。

でもショートカットが可愛く、特盛といわんばかりのデカい、いや、デカすぎるダイナマイトおっぱいと、安産型の良い尻が目について仕方がないのだ。

一度で良い。あんな子と狂ったように愛し合ってみたい。ムチムチな尻を揉んでみたい。乳を揉んでみたい。

そんな願望を抱きつつ、今日もぼんやり彼女を電車内で見ていた。

すると満員だったことも有り、グラッと、電車が急に揺れた瞬間、俺は彼女にぶつかってしまう。

正確には彼女の尻に、パンツに俺の手の甲が当ってしまっている。

や、やばい。ここでもし彼女が痴漢!と叫べば、俺は間違いなく御用になる事間違いなし!

だが彼女は叫ばない。こ、怖いのか?よくわからないまま俺は彼女の尻にぐりぐり手を当て、その柔軟さを味わっていた。

悲鳴を上げないどころか逃げようともしない彼女。ひょっとして、彼女も痴漢されたいのか?

俺は……俺は大胆にも手を彼女の胸と伸ばし、ワシワシと揉んでいた。

これを痴漢と言わずして何という。でも気持ちいい。やわらかい。

俺は夢中になって胸を揉み、そして尻も揉む。すると彼女はあんと小さく可愛い声を出した。

もしや……俺は次の駅で彼女の手を取り、そしてそのままホテルへと向かった。

制服姿の彼女をホテルに連れ込むのは、流石に抵抗があったが、もう我慢なんて出来なかった。

シャワーも浴びず、ベッドの上で激しく愛し合う俺達。

愛?違う。ただ精を出したかった。彼女を貪りたかったんだ。

たがいに全裸になり、彼女は俺の上でエッチに腰を振る。

JKのマンコはやはりキツキツで、でも凄く気持ち良くて、それで腰を振る度におっぱいがぶるんぶるん揺れるのが最高だった。

オナホよりもいい膣なんてあるんだ!こんな可愛い癖に!なんてマンコつけてんだ!このJKは!

気持ち良すぎる!愛液がぶしゅぶしゅ飛び出るのが堪らない!ぱんぱん音を鳴らし、腰を打ち付ける俺。

しかし数時間後。俺は彼女に土下座していた。ああ、JKを……やってしまった。逮捕確定?

でも彼女は俺を怒らなかった。予想外の返事を返し…。

無料立ち読みはコチラ⇒痴漢した女子高生とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス