人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

気持ち良すぎる彼女の穴のあらすじ|幼馴染のJKと一緒にAV鑑賞しながら

気持ち良すぎる彼女の穴のストーリーあらすじ。

テスト期間中で俺は滅茶苦茶性欲が溜まっていた。

そりゃそうだ。勉強漬けでロクにオナれない日々。憂鬱でしかない。

で、両親不在の絶好の機会が訪れたらそりゃオナニ―位はする。誰もこないと思った。

リビングでAV見てヌいても何の問題も無いと思ったんだよ。しかし、

「帰ってますか?おばさまがお夕飯作って欲しいと言ってたのできまし……」

突如リビングにノックもせずに入って着た女。俺の幼馴染みがいたのだ。勿論JK。

冗談だろ……?オナニーを幼馴染みに見られた!?

すっげぇ冷めた目で俺を見つめる彼女。辛い。何でこんな目に…。

「自慰に耽るなら自分の部屋でやってください。汚らわしい」

むっと来る俺。ここは俺ん家だぞ!?

大体AVくらいでビビリすぎだろ!だから男ができねーんだよ!

なんて売り言葉に買い言葉。挑発する俺。彼女は反論するが、まあ図星らしい。そう、コイツは根っからの堅物女。

イイ歳した上、そこそこルックスも良い秀才美少女だってのに、何か人を寄せ付けない、男を寄せ付けないオーラを出しているのだ。勿体ない。

……まあとりあえず、コイツもAVに見せてエッチな気分にしてやる!

「え!?あ、うそ!?」

動揺しまくっていた。どうやらマジで性の知識がないようだ。罪悪感すら覚える俺。

すると、「ね、ねえ。わたし、胸を持ったってあんなに感じません……病気でしょうか?」

コイツ、マジでそんな事聞いてるのか。よし、なら、

「!?な、なにを!?」俺は彼女に抱きつき、おっぱいをワシワシと服の上から揉んでいた。すっげぇやわらけえ。

「実践だよ実践。おっぱい感じねえんだろ?俺が触って確かめてやるよ」

ふにふにと揉んでいく俺。ああ、これがAVやアダルト漫画での常套手段なんだなぁとか痛感する。

とはいえ揉み心地は素晴らしい。その上、オナニ―なんかしたことないとか否定しながらも、あんあん喘ぎ悶えているギャップ。男を悦ばせるコツを持った天然の逸材…!

それにしてもコイツ……さっきから見ているお気に入りのAV嬢に似てる。

「ね、ねえ、みんなおちんちん、舐めたりしゃぶったりしてるの?」

意外すぎる質問。襲ってくれと言っている様なものだ。俺は我慢出来ず、彼女を床に押したおした。

で、服をひん剥いておっぱいを丸出しにして、パンツをずらして、勃起したチンポをそのまま挿入し…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス