人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

教えて!!最近の性教育のあらすじ|新人教師が生徒の前でエッチをレクチャー

教えて!!最近の性教育のストーリーあらすじ。

私立開放学園。世にエリートを多数出した名門中の名門。

大物スポーツ選手や学者・政治家など、数々の優秀者を選出している学園だ。

「さすが名門……でかいなぁ。で、そんな学園に僕が来れるなんて」

そう、僕・黒須永吉は叔父である学園長の紹介により、今日からここの教壇に立つのだ!

でも、三流大学での僕がどうしてこの学園に?というかこの学園、大きすぎて初出勤日から迷っていた。初っ端から遅刻する!?

「こんなんじゃ教師失格だ!!」
「あの……今日から赴任される黒須先生ですか?」
「あ、はい。そうですけど。君は?」

三井春香。一年の子らしい。僕の案内を頼まれたらしいがこの子……滅茶苦茶可愛い。

黒髪ロングの彼女。ぼいんと突き出たおっぱいが素晴らしいお嬢様だ。

で、彼女に案内されて学園長室に着いた僕。学園長、もとい叔父さんと向かい合う。

「で、僕はどの教科を担当すれば?」
「単刀直入に言おう。実践的性教育――SEXだ」
「!?しょ、正気ですかっ!おじさん!」

ありえない。SEXを教えろって……。

「学生の性教育を正しく指導する為、性指導を科目として導入する事になったのだ。どうする?お前以外の物に頼んでもいいんだぞ?」
「や、やりますっ!やらせてくださいっ!」

女子生徒とSEXしまくれる上、成果次第では僕を学園長にしてくれるという叔父の提案を断る筈もなく、僕は引き受ける事に。

教室。

「おはよう、諸君。僕は黒須永吉。よろしくな。早速だが、君たちには先生と一緒にSEXの勉強をして貰う」
「え?」

ざわつく教室。そりゃそうだな。まあどうでもいいや。

「さぁ!女子は上を脱いで裸になれ!」
「マジっ!?」

こうして僕は女子生徒達を全員上半身裸にして、教団の前に並べてみた。壮観だ。

JKとはいえ、発育した年頃の娘のおっぱい……吸いたい。触りたい。

くっ、でもあくまで授業だ。自然にしないとな。

「で、だ。胸の形には色々ある。たとえばこちら」

僕は女生徒の一人に近づき、おっ○いをむにゅむにゅと触っていく。

「ん……せ、先生っ」
「これはお椀型だ。日本の女性で多い型だ」

こうやって紹介しつつ、僕は彼女達のおっぱいを触り、揉みまくっていった。

中でもお楽しみなのは、

「うぅ。皆様の前でこんな格好……」

お嬢様の三井のデカおっぱいを揉む事…!

授業はどんどん過激になり遂に僕の肉棒をいじらせはじめ…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス