人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

女子水泳部員の8割はパイパンのあらすじ|ツルツルマンコの処女JK

女子水泳部員の8割はパイパンのストーリーあらすじ。

部活終るまであと10分位かぁ。

放課後、俺は学校のプールサイドでぼんやりと女子水泳部員の練習を眺めていた。スク水良いなぁ。

いやそうじゃなくて、「慎二くーん!部活もう少しで終わるから~」

ポニテのスク水少女・希海が元気よく俺に声かけてきた。きたきた。

俺と希海は両想いの熱々学生カップル。俺が彼女を待ってまで一緒に帰るのにはそういう理由がある。

彼女の家で勉強しながらキスをしていた。勉強は名目。建前。エッチする為に来たんだがな。

熱いキスをちゅっちゅっ交わし、彼女のやわらかな唇を堪能する。ウマい。

そして優しく床に押し倒し、シャツのボタンとブラを外し、彼女の綺麗なおっぱいを拝ませて貰う。相変わらず白い透き通るような肌がきれいだ。

膨らみもほどよく、デカすぎず、小さすぎず、俺好みのナイスおっぱい。

ふにふにと両手で揉みながら、時折固くなってきている先っぽをこりこりと弄ってやる。

小さな声であんと喘ぎ、身震いさせる希海が可愛い。愛おしくて再びキスを交わす。

そして俺は彼女の太ももを持ち、M字に開脚。

で、おもむろにスケスケレースの可愛いショーツを脱がしていこうとすると、

「だ、だめえええええ!!!」とおもいきり頬を叩かれた。

そう、希海は胸までは触っても良し、キスもよしなのに下は一切触らせてくれないのだ。まるでセクキャバの嬢だ。

だがそんな状況を打開すべく、俺はある秘策を思いつく。それは、「ククク、よく寝てるぜ」

そう、お泊りタイムを狙って夜這いすること!

運よく彼女の家で一泊出来た俺。先にすやすやと寝ている彼女をわき目に、どう犯すか考えていた。

とりあえずシャツをずらし、デカパイを拝ませて貰う。はぁ……おっぱい。大きい。ふにふにだ。

普段とは違い、自分の好きなように乱暴に揉みまくる。でもそんな時、「あ……っ」と声を出す。

寝てても感じてる!?一瞬ばれたのかとひやひやしたぜ。

まあ幾ら彼氏でもこんな事してたら即OUT。殴られるだけじゃすまないだろう。

とにかく俺は彼女のズボンとショーツをずるっと卸した。すると、

「ぱ、パイパンだと?!」

そう、毛一つ生えていないツルツルのマンコだった。

マジかよと思ったけど、これはこれでありだな……

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス