人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

娘と…。人に言えない肉体関係のあらすじ|再婚した妻の連れ子と生ハメ放題

娘と…。人に言えない肉体関係のストーリーあらすじ。

妻が死んだ。再婚して間もなく、二人で出かけた先で、僕がほんの少し目を離したときの出来事だった…。

僕の家には娘が二人いる。まだ二人とも学校に通う学生だ。まだまだ母親が必要な年頃なのに……しかも娘は其々母親が違う。

姉の昴(すばる)は亡くなった母親の娘で、妹のさくらは前の妻の娘だ。こうして俺達三人の生活が始まった…。

その一方、昴を心配してさくらが彼女の部屋にやってきた。

「お姉ちゃん、大丈夫?」
「…」
「入るよ…」

最愛の母親を亡くし、部屋で泣いてばかりの昴。そんな彼女を心配する妹。

「私、1人ぼっちになっちゃった…」
「私もお父さんも昴さん…お姉ちゃんの家族なんだよ…1人なんていわないで!」

昴の両手をぎゅっと握りしめ、まっすぐな目で昴を見つめるさくら。そんな妹の優しさ、強さに力なく微笑む昴。

「そうだったわね…ありがとう」

そして夕食時。「…何これ」

居間の机の上に並んでいる料理はどれも見るからに失敗している。

「いやあ、料理なんて初めてでな。母さんみたいにうまくはいかないもんだな…」
「もー!だから私が作るって言ったのに!」
「あはは、すまんすまん」

そして数時間後。さくらはソファの上ですやすやと眠り、傍で父と昴が会話していた。

「さくらは良い子ね。…どうして別れたの?」
「ああ。あの子の母親が出て行った時も随分助けられたよ」
「…どうして別れたの?」
「他に男を作ってたらしい…お前たちと出会えて、やり直せると思ったのに。こんなことになるなんてな」
「お前達と出会えてやり直せると思ったのにこんな事になるなんてな…」

そう呟いてコップに注いだ酒を飲み干す父。

「…ねぇ、お義父さん」
「ん?」
「私がお母さんの代わりになってあげようか?」

上着をはだけさせ、生のおっ○いを曝け出して乳を誘惑する昴。

「そうか。お前も優しい子だな。だがそういう冗談は感心しないぞ」

昴の頭を優しく撫でて諭すのだが…。

「す、昴、何を…」

昴は父の手を取り、自分の口に含む。指をちゅぷちゅぷと音を立てて含み、舐め、愛撫するかのように奉仕していく。

「こら…!やめなさい!」

父の声でようやくぷはぁと指を口から離す。父の手は昴の涎塗れだ。

「冗談でこんなこと…しないよ」
「お、おい…」
「キス。しよ…」

娘からのエッチな誘惑。彼は…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス