人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのあらすじ|童貞が酔って叔母に迫って初体験

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのストーリーあらすじ。

初夏。蝉がまだ泣き始めた頃、田舎道を一台の車が走っていた。

「宮田さん夫婦と会うのも久しぶりだなぁ。楽しみだな、幸平。恭子おばさん、幸平に会うの楽しみだって言ってたわよ」
「……うん」

運転する父に僕は気乗りない声で応える。

これから僕は大分久しぶりに叔母である恭子さんに会う。恭子さん。僕にとっては初恋の女性だ。

大人の魅力を漂わせている妖艶な女性……とても魅力的で、僕は会う度にドキドキしてしまう人だ。

そして恭子さんの家に着くと、

「はーい、いらっしゃい!」
「!?」

やっぱり久しぶりに見ても恭子さんは綺麗だ。見るだけで股間がむずむずしてくる……。

シャツの上からでも分るほどのデカいおっ○い。きゅっと引き締まったウエスト。本当に何でこんな美しんだろう。

僕の母さんの妹なのに全然違う……。

「こ、こんちは……」
「あれぇ~こーちゃんなの!?こんなに大きくなって~」

僕が最後に会った時はもっと小さかったからなぁ。でも恭子さん、僕のこと覚えてくれてたんだ。嬉しいな。

そして夜、家族全員で楽しくバーベキュー料理を楽しむ。料理は美味しいし、恭子さんとも話せるしで、とてもいい夜だった。

でもそれよりもっと衝撃的な出来事がこの日の夜、僕には待ち構えていたんだ。

僕は恭子さんに言われて、布団を出すのを手伝っていたんだけど、

「お!?わわ」

恭子さんがベッドに足をぶつけてしまい、僕もろとも布団に転んでしまったのだ。

「いてて……」

気付くと僕は恭子さんにおぶさり、おっぱいに顏を埋める形になっていた。

す、凄く柔らかいおっ○いだ……僕は堪らなくて、つい……。

「ん?お?え?え?」

いけないことだとは思いつつも恭子さんのおっ○いにぐいっと顔を埋め、おっ○いをシャツの上からモミモミと両手で揉んでしまう。

「ふー……ふー……」
「……」

恭子さんは僕を拒む事も無く、なすがままにされていた。

それをいいことに僕はワシワシと揉んでいく。形を変える程にぐにぐにむにゅむにゅと。でも、

「そ、そろそろ離れてくれないかな。ほら、布団持っていかないとさ。ね?」
「おばさん!その!もう……」
「!?」

僕はガチガチになってるチンポをズボン越しに恭子さんのアソコにすりすり擦り付ける。

「実は前から恭子オバサンの事が好きで……」
「すとーっぷ!」

流石にまずいと感じたのだろう。恭子おばさんは手で僕の口を塞ぐのだが、僕はもう我慢出来ず……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス