人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

俺が姪を犯す理由のあらすじ|媚薬を使って処女に中出し放題

俺が姪を犯す理由のストーリーあらすじ。

「ちょっと家出してきた。今、マンションの前だよ」

はぁ!?すっげぇ軽いノリで重大な事をさらっとメールしてきやがった……。

俺はやむなく残業を切り上げ、家出と称して飯をたかりにくる姪を迎えに行った。

「あと今晩泊めてね」糞!最早子守をしてる気分だ。

「あ、お疲れ様」ようやくタクシーで自宅まで帰ると、そこにはセーラー服の女子高生が笑顔で俺に手を振っていた。

「お前な!事前に連絡しろっていってるだろ!」
「だって事前に言うと駄目っていうもん」
「まぁそうだけど……もういいから入れ!」

こうして俺はやむなく姪を家に上げる事にした。で、家に入ると彼女はリビングのソファーでふんぞり返り始めた。

「ねぇねぇ叔父さん。今日はあたしにおっきい方のベッドを使わせてよ」
「お前はそのソファーで寝てろよ」
「ええー」

あー。こんな他愛も無いやり取りをしているが、俺は内心ドキドキだった。

凛夏。俺の姪だ。彼女は俺の兄貴と、兄嫁(義姉)の娘だ。俺にとって、兄貴の奥さんは理想の女性そのものだった。

だが兄貴と結婚してしまい、俺はやむなく身を引いた。

でも、そんな彼女に最近凛夏がよく似てきてしまい、何て言うか、見るたびに俺は彼女を意識してしまう。

とはいえ俺とは彼女は姪と叔父。あくまで家族だ。何事も無く、平静を装う。

「ってああ!?」皮膚浸透性の媚薬を昔、知り合いに貰ったんだ。俺はまだ持ってたとは。

これがあれば凛夏と……?

俺は密かに彼女が飲むジュースに混ぜてみた。すると……。

「叔父さんわぁ、なんで結婚しないのぉ?」
「さあ、なんでかな」
「かのじょとかぁいないのぉ?」
「さぁ、どうだろうな」

呂律の回らない言葉で、頭をかくんかくん揺らしながら、俺に喋りつづける凛夏。

泥酔しきっているようにすら見えるこの状況。間違いなく薬の効果が出始めている。

よし!今ならいける。「や!やらぁ!なに、いきなりなんにするの!?」

俺は彼女のスカートを乱雑に捲りあげ、パンツ越しに股間をわしわしくにくに揉んでいく。

ククク、薬が効いてるようだ。もうすげえ濡れてやがる。

「さ、さわんないでっ、叔父さん!」

抵抗しても無駄だ。薬の効果には抗えないだろうさ。

「いつも自分で弄ってんのか?最近のガキはませてやがる」

俺は凛夏のアソコをいっそう愛撫していき…。

無料立ち読みはコチラ俺が姪を犯す理由

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス