人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

エッチなお姉ちゃんに搾られたいのあらすじ|ビッチな姉2人を相手に脱童貞

エッチなお姉ちゃんに搾られたいのストーリーあらすじ。

ただいま~。

一人呟きながら帰宅する。実家に帰るのは久しぶりだ。

普段、僕は学校の寮で暮らしているんだけど、今は長期休暇中。だから羽目を外すために戻って来たのだ。

とはいえ僕の家には姉が2人もいる。しかもこの姉たち、余所の家の姉とは少し、いや、かなり違う特殊な存在。また会うかと思うと少しドキドキしてしまう。

「おかえりなさい、ボクくん。久しぶりだねー。お姉ちゃん、とっても会いたかったよぉ」

リビングではアヤ姉(アヤミ)がにこにこと微笑んで俺を迎えてくれた。

相変わらず体がムチムチでエロいな……その上、優しいし、面倒見も良い。理想の女性だ。

ってやべえ。実の姉貴に会うだけで勃起してる!?誤魔化すべく、そそくさとその場を離れた。

「あっ」二階に行こうとすると階段にメグ姉(メグミ)がいた。俺の二番目の姉貴だ。

清楚でゆるふわな感じのアヤ姉とは違い、いかにもギャルっぽい感じのビッチギャル。それがメグ姉だ。

とはいえエロさではアヤ姉に引けを取らず、ムチムチの太もも、デカすぎる胸、丸見えなパンツがエロ過ぎる。

しかしこの姉、ノリノリで俺を誘ってくる悪癖があった。

「あれ?パンツ見たいの?ほら。これならシッカリ見えるだろ?」

そういって階段に座り、M字開脚をかますメグ姉。当然パンツは丸見え。凄い。股間がもう少しで見えてしまいそうだ……。

何てエロいんだ。僕は見てるだけでムラムラと欲情し、アソコを固くしていた。

とはいえそんな時、リビングの方からアヤ姉が僕を呼んでいた。やむなく僕はその場を離れたのだが……。

「お姉ちゃんのパンツ……見たい?」

リビングではアヤ姉に誘惑される羽目に。

とはいえ勿論見たいに決まってる!しかし、

「でもごめんねぇ。実はお姉ちゃん、今日はパンツ穿いてないのよ」

え?動揺する僕。じゃあなんでみたいなんて……?

「ほらね」アヤ姉はノリノリでズボンをずらし、僕に生のマン○を見せつけてくる。

初めて見た……お姉ちゃんのマンコ。毛深くて、とろとろで……エロい。挿入したい。

「おっぱいも見たい?」とアヤ姉は上着も脱ぎ始め、おっぱいまで丸見えに!?

おっぱいもマンコも丸見え何て……さ、最高だ。犯罪的なくらいエロい!触りたい。触ってもみくちゃにしたい。

僕は我慢出来なくなって手を伸ばした。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス