人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

ご近所すぎセフレのあらすじ|出会い系アプリで出会ったのは義理の母!?

ご近所すぎセフレのストーリーあらすじ。

ずっと好きだった幼馴染みに彼氏が出来た…ショックだった。

それからというもの俺は無気力になり、学校にも行かずに部屋で引き籠る日々を過ごしている。

何の実にもならない情報をNETで拾うだけの日々。

憂鬱だった。誰でもいい。犯したい。犯して孕ませてやりたい。

そんな異性への欲望だけが渦巻く中、出会いアプリ「隣の♂♀さん」なんてアプリ偶々見つけた。よくある出会い系アプリだろう。

そう思ったんだが、

「この青ウリはすれ違い出会いアプリです。一定距離に近づいた異性と、ユーザー様だけでプロフィールの交換が行われます。ですので生活圏の近い確実に会える相手と知り合えます」

か。初月無料だし、使ってみようか。だがこのアプリが俺の人生を狂わせる事になるなんて、俺は予想もしていなかった…。

「お願い…皆には黙っていて…出来心だったの」

ホテルのベッドで俺に寄りすがり、懇願する人妻。いや、この人は俺の母親だ。

といっても俺の生みの親じゃない。オヤジの再婚相手だ。

けど小さい頃から可愛がってくれて、実の母親の様に慕っていた人。

なのにこのアプリで浮気相手を漁り、俺等を裏切ってたなんて。

「黙っててほしいなら俺のココ。しゃぶってよ」
「そんな…」

俺は勃起したチンポを母さんの前に差し出す。母さんは躊躇うが、でも、

「わかったわ。本当にこれで内緒にしてくれるのなら…」

マジかよ…。こんなこと、本気でする筈じゃなかったのに。

しかし、「うぉ」

母さんのフェラは凄かった。温かい口の中で丁寧にしごかれていく。

それでいて脅されているにもかかわらず、入念にシッカリと裏筋に舌を這わせてくれて……糞!気持ち良すぎるだろ!

でも同時に怒りも湧いてきた。今まで何人の男にこうやってフェラしてきたんだ。浮気して来たんだと。

しかしあまりにもウマすぎるフェラに長々と我慢もできず、俺はすぐに射精してしまう。勿論口の中で。

「はぁはぁ…こんなんじゃ収まらないよ。母さんだってそうだろ?アソコでたっぷり堪能したくてうずうずしてんだろ!?」

俺はそう言って母さんの服を脱がし、思い切りアソコに挿入していく。

初のマンコ挿入が母さんになるなんて…でも母さんの中はとても気持ち良くて、俺は…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス