人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

おとうさん大好きのあらすじ|JK娘と近親相姦にハマる父親

おとうさん大好きのストーリーのあらすじ

ある日の夕暮れ。豊満に育った胸が印象の女子校生が一人、自宅のアパートへと学校から帰る。

そして制服から着替える間もなく、いそいそと御飯の支度をし始める。

彼女の名前は宮下あやの。バレー部に所属し、バストは88という驚異的なサイズを誇る巨乳JKだ。

今日の夕食は父の好物を作るつもりだと呟くあやの。

台所で料理を始める彼女だが、そんな彼女には誰にも言えない秘密が一つだけある。

それは……、良い匂いがするなぁいつもすまんなぁーといきなり彼女の父が、彼女のお尻を鷲掴みにした。

不意打ちなセクハラに思わずびくっと体を大きく震わせ、驚くあやの。

今は料理中だからと断るあやのだが、父はそんな事無視して彼女のシャツのボタンを外して良き、ブラの上からでかぱいを揉み始める。

そしてうなじに何度もキスをし、余っていた手で彼女のパンツに手を伸ばす。中に手を入れ、直にアソコを刺激していく。

んんっと小さな声で喘ぎ悶えるあやの。だが本気で嫌がる様子はなく、むしろ当たり前の様に彼を、父の愛撫を受け入れていき…。

ちょっとだけだからねと断り、父とキスをするあやの。舌を絡め、唾液を交換する二人。

そう、これがこの家では当たり前の出来事。あやのは父と近親相姦の関係にあったのだ。母がいないのが原因でもある。

冴えない中年オヤジである彼女の父。日々疲れ切っており、何事にも大きな関心は見せない。

だが、娘のあやの身体は別。貪る様に愛撫し、セックスする。

そしてあやのの父は彼女のパンツをずらし、とろとろのおマンコに自分の太い肉棒をさし込んでいく。

じゅぷじゅぷと音が立ち、きつきつの膣○へと侵入していく。きつい締め付け。ヌルヌルの中。

すぐにでもイってしまいそうな父。でもそれを我慢し、パンパンと音を立てて腰を打ち付ける。

あやのも気持ちよさそうな声を出し、自ら腰を振り、大きな胸をぷるんぷるん揺らす。

あやのと、あやのの父は凄く相性がイイらしい。

だからこうして交わる度、凄く気持ち良くなってしまう。こんな快感、我慢出来る訳が無かった。

しばらくして父が絶頂に達する。だが勿論彼は外に出すはずもなく、彼女の中に射精してしまう。

もう中で出すのが当たり前。たとえ娘が孕んでも、新たな妹や弟が出来ても、もう何も問題ないのだろう。

しかしそれで終わる筈もなく、父は体勢を変えて再び求め始めるのだった…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス