人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

うっかり入っちゃった!? 従姉妹と密着ゲーム中のあらすじ

うっかり入っちゃった!? 従姉妹と密着ゲーム中のあらすじ。

ある日の昼、法事を終えた俺は従姉妹達と居間でくつろいでいた。

父さんたちは法事も終え、坊さん達とカラオケに行き、若い従姉妹2人と3人だけ。

昔はよく彼女達――さやかとまつりとと小さい頃、ここでよく遊んだものだ。

今はもうすっかり成長しており、二人とも一人前の大人のレディになっていた。

懐かしい思い出話に華を咲かせていた時、昔やったツイスタ―ゲームを思い出す。

小さい頃、一緒になってよくこれで遊んだものだと。

しかしまだ残っていたので、懐かしさからこれをもう一度やってみようという話に。

ノリ気のさやか。俺もつられてやってみようと提案し、早速プレイしてみる事に。

ゲームは簡単。じゃんけんをし、負けた人から順番にルーレットを回し、出た目のマスの指示を行う。すごろくみたいなゲームだ。

唯一違うのは、右足赤と出れば、赤いマスに足をのばすなど、身体を動かす遊びであるという事。

まつりちゃんも右手青が出て、マスに手を伸ばすのだが、その時つい見えてしまう豊満な胸の谷間。

小さい頃とは違い、成長して大きくなったことを実感する俺。

小さい頃、家族ぐるみでみんなで遊んだ頃は楽しかったなぁ。全員ではしゃぎ合い、しかも事故でついまつりちゃんとキスしてしまい……。

もう今はみんな大人だ。感慨深いものがある。

しかし、それだけにとどまらなかった。このツイスターゲーム、体勢次第ではかなりエロいポーズが多々あり、しかもそれが一人では無く、2人だったりするともう……。

俺はつい気付いてしまった。二人一組で、まつりちゃんとこう折り重なる形でポーズをとっていたら、ついつい彼女と密着してしまい、身体と体が触れあっている事に。

しかも俺の息子はビンビンに勃起してしまい、彼女達もそれに気づいていたのだろうか。

アソコが汗ばみ?、濡れてきていている。

で、たまたま重なっていたまつりちゃんのアソコに俺のモノがうっかりと挿入してしまう…。

その気もなかったのにエッチする羽目に!?しかももう一人女の子が見えている前で……。

背徳感が凄い。けどそれ以上の興奮してしまう。もう止められない。

2人に悪いと思いつつも、俺はどんどんエッチな事を始めてしまい、エスカレートしていくエッチなポーズ……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス