人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

妖怪ウェッチのあらすじ|童貞少年がエッチな人魚で初体験

妖怪ウェッチのストーリーあらすじ。

夜の砂浜。浜辺では地元の漁師たちが集まり、深刻めいた顔つきで何やら話していた。

「人魚が出ただって!?くそっ!この忙しい時期に!」
「あいつらまた人をさらいに来たのか!」

人魚。一般的には神話の生き物として語られる半身半魚の化け物。

でもこの浜辺の村では人魚は実在しており、度々村人さらっては人々を悩ませていた。

「おい!おめえ昼間も此処にいただろう?人魚を見なかったか?」

ふるふると少年は首を横に振る。

「いいか。あの化けもんにゃあ充分注意しておけよ」
「あいつら、めんこい面で男をだましてはさらって喰っちまうからなぁ」

少年はこくりと頷き、その場を後にした。

そしてさらに数時間が過ぎ、この浜での捜索は打ち切られた。

浜辺に再び静寂が戻る。すると、あの少年は自分の家を抜け出て、一人こそこそと何処かへ向かう。

そう、彼は洞窟に隠れていた人魚の元へと向かったのだ。

「もう大丈夫だと思います……皆、別の所を探しに行きましたから」

「ありがとう。あなたのお蔭で助かりましたわ」

にこやかにほほ笑む人魚。美貌もさることながら、全裸の彼女を前にしてつい顔を赤らめ、俯いてしまう少年。

「あら?うふふ、どうかしましたか?」

人魚も少年の視線に気づいたようだ。

それもそのはず。この人魚、非常におっぱいがでかく、見ているだけで男を虜にしてしまう魔性のオーラを醸し出しているからだ。

無論、彼女もそれを武器に何人もの男を誘惑し、虜にしてきた。

「え!?あ、い、いえ……それよりもその、大人たちは言っていました。あなたたちは人間を騙して食べてしまうと。本当でしょうか?」
「……あなたも他の肩と同じで根も葉もないうわさを信じるのですか」
「そ、そんなことはありません。ただ……」
「本当は逆なのですよ」

人魚は語った。彼女達には不老不死の血が流れており、人魚の肉を食べると一生涯生きながらえる事が出来るという。

だからこそ大人たちは彼女達を探し、肉を食らいたいという。

人魚が人をさらうというのは人間の嘘であり、まやかしだと。

「どうしたあ人魚さんを助けられますか!?」
「なら……あなたの精を…」
「!?」

彼女は少年にすり寄り、ズボン越しに顏をスリスリと擦り付ける。

体験した事のない感覚。勃起が止まらない。

「さあ、こちらに出して下さいますか?」

人魚は自分のおまんこを手で広げ、少年を誘う。いけない誘惑だと知りつつも少年は…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス