人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

デリヘルでおばさんが来たけど巨乳だったのでしましたのあらすじ

デリヘルでおばさんが来たけど巨乳だったのでしましたのストーリーあらすじ。

俺は今日、デリヘル嬢をホテルに呼んでいた。たまに利用しているんだが。今日は何とも奇妙な出来事になったのでその話を。

ピンポーンとインターホンがしたので出てみれば、そこには偉く歳を感じさせるババアが立っていた。げ、ババアじゃねーか!と思わず本人を前に悪態を吐く俺。

彼女の歳は3,40代くらい。いかにもその辺にいそうな主婦って感じだ。

交代されますかと不安そうに尋ねてくるバアさんに迷う俺。

確かに年増だが、そこらのギャルには持ち合わせていないほど、デカすぎるダイナマイトおっ○いをしているのが気になる。

俺はチェンジせず、彼女を部屋に上げる。で、早速脱ぐように指示するのだが、緊張しているのか、素人なのだからか、ウマく理解してくれない。マジかよ。

素人王国から来た素人のオバサンデリヘルだからって、まさか初体験の処女…ってことはないよな。

不安を感じつつも脱いでもらうと、まっ黄色のいかにもオバサン臭い下着で萎える俺。

とりあえず、しゃぶってと指示。またも首をかしげる彼女。もうダメだこれ…。

勃起チン○を出し、彼女に何とかしゃぶらせるところまできたのだが、見つめるばかりで中々咥えようとしない。もしかして、フェラしたことないのか。

彼女はありますというが、胡散臭いもんだ。苛々する俺。もう我慢出来なくなり、腰を突き上げて、無理やり彼女の口の中に肉棒を突っ込んだ。

むぐぅっとむせ返り、苦しそうな表情で呻くオバサン。

だが俺は気にせず、腰を振り、彼女の口の中をかきみ出し、堪能する。デリヘルを頼んだはずなのに、まるでレイプしている気分になるのは妙なものだ。

だが俺の性欲がこれで収まる筈がない。俺は彼女を押し倒し、ベッドに寝そべらせると、パンツをずらし、おまんこを丸見えにする。

当然チン○を挿入して生ハメセックスする流れなんだが、慣れてないオバサンは待ってほしいと慌て始める。うぜえ…。

いやあああああとか叫んでたが、俺は気にせず挿入する事にした。ずぷずぷ挿入していくちん○。お、意外に締りはイイじゃないか。

俺は夢中になって腰を振る。その度、喘ぎ、でも苦しげに呻く彼女。どうやらマジでこの手の経験が無いらしい。

俺は体勢を変え、彼女を持ち上げる形にして、チンポを下から突き上げる。同時におっおぱいを揉みはじめる…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス