人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

毒妻クラブのあらすじ|義姉たちからエロペットにされた俺

毒妻クラブのストーリーあらすじ。

ダメよ竜二くん。そう言って俺を突き離し、やめるように諭す義姉さん。

でも俺は止める事が出来ず、彼女を押し倒し、白昼堂々、家の中で彼女を犯そうとしていた。

あまりにもエロ過ぎる義姉さんの身体。色っぽく、大人の魅力たっぷりの彼女が好きで好きでたまらない。

彼女は兄貴に言いつけてやると言うが、俺は乱暴に彼女の胸を揉み、彼女にキスをする。

そう、俺は兄貴にコンプレックスを抱いていた。昔からいつも自慢ばかりしている兄貴。

そんな兄に勉強もルックスも、恋人でも敵わない俺。

だから俺は兄貴の一番大事なものを……義姉さんを犯してやると決めたんだ。

けど義姉さんだって満更じゃない筈だ。兄貴はいつも海外に出張しており、彼女をほうったからし。

だからこうして俺に手マンされても、口では嫌がっても、アソコはグチュグチュに愛液だらだら。びくびく震えながら感じまくってるんだ。

もうダメだ!俺は……俺は!無理やりチンポを彼女のマンコへと挿入していく。そして……

あれから数時間後、行為の後、俺は頭を抱えて深く反省していた。

確かに俺は兄貴のことが大嫌いだ。殺してやりたいとすら思っている。

でもだからって、義理の姉を……身内を犯してしまった。

兄貴と彼女が結婚した時のことを思い出す。

彼女はウェディングドレスを身に纏い、笑顔で俺に挨拶してくれた。今日から家族だから仲良くやろうねって。

あんなに優しかった義姉さんを……こんな俺にも優しくしてくれたのに。

居間で一人後悔していた俺の前にやってきた義姉さん。

一度抱いただけでもう主人面?と囁く義姉さん。何て反応していいか分からない。

そして彼女は俺が気にしていた事を呟き始めた。

そう、俺は仕事も勉強もさっぱりな上、親ともウマくいかず、常に家族の中では落ちこぼれの屑だった。

だから兄貴が出張中に他に行くところが無いと言って、この家にやってきて、そして義理の姉を犯して鬱憤を晴らせたかというのだ……。

あまりにも惨め。ここまで屑に成り下がる自分が嫌だった。俺は思わず立ち上がり、一人帰ろうとする。

だが彼女はどこに帰るのと一言。確かに実家に帰るのは、両親に頭を下げることに他ならない。それはあまりにも嫌だ。

けど、だからってここにいて……これ以上義姉さんに手を出しちゃ……

なのに義姉さんはシャワーを一緒に浴びる?と言い出し…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス