人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。のあらすじ|美女が2階から肉棒にホールインワン

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。のストーリーあらすじ。

「はぁ。疲れた…」

俺の名前は相川壮介。高卒のフリーターだ。お蔭で今はボロボロの安アパートに住んで、何とか生計を立てている。

毎日バイトばかりな独身生活。お世辞にも楽しいとは言えない疲れ切った日々。

だがそんな俺にも僅かながら、楽しみがある。

「おはようございます、相川君」

俺が家に帰ると、ニコリと笑顔で迎えてくれたこの若い女性。

「今日は夜勤だったんですか?」

若くて可愛い大家さん!俺とはあまり接点はないが、彼女と時折顔を合わせるだけで心が和む!

しかし!俺には大きな悩みが一つ。

ドン!ドン!ドン!

夜、俺の家の天井はほぼ毎晩のようにドンドンと音が聴こえ、ウルサイ始末。

畜生!ゆっくりくつろぐ事すら出来やしねえ!

とうとう我慢の限界に達した俺は、翌日、上の階の人に怒鳴り込みに行った。会った事はないが、どんな奴だろう。

丹生と書かれた表札…わからん。ノックしてみる。

「すみませーん!下の階の者ですけど!夜うるさいんですけど!」

と、凄い剣幕で怒鳴りたてる。が、

「ご、ごめんなさい」

出てきたのは滅茶苦茶可愛い女の子?!20代…位か。ピチピチの肌に、デカいおっぱい。

つか露出が高いな…。シャツに短パン…ぐっとくるぜ。

「私、女優を目指してて…まだ未熟だからいっぱい練習しなくちゃいけなくて…。以後、気を付けます」

しゅんとした表情で俺に謝ってくれた。

「そ、それなら仕方ないですね!がんばってください!」

俺はクレームに来た筈なのに何かユルした上、応援までしていた。

「あ、ありがとうございます」とはいえ、夜はやはりウルサイ。

でも彼女ががんばって練習しているんだろうなぁと思うと、まあ仕方ないのかもしれない。

にしてもあの健康的な肉体…レッスンをしているからだろう。引き締まった体が妙にエロい。

糞!想い出したらムラムラして来たぜ。一発ヌいてから寝るとするか。

こうして俺は夜中にズボンとパンツを脱ぎ、ギンギンになったチンポを扱いていたんだ。

ここまでは極々平凡なありふれた出来事だったんだが…。

バスッ!

いきなり天井から音がして、何か…。

「!?」女体が降ってきた!?

そう、天井が着きぬけて、上の階の美少女ちゃんが落ちてきたのだ!しかもそのまま俺のチン○の上におちて、アソコに挿入!?

そしてそのままセックスしてしまうという…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス