人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

夜這いの残る村のあらすじ|毎晩夜這いしてくる女生徒たちとハメ放題

夜這いの残る村のストーリーあらすじ。

朝。俺は位自分の部屋で、ベッドの上に横たわり、無気力感と深い憂鬱を覚えていた。

いつからだろう。こんな無気力な日々を過ごすようになったのは。

家族も友人もいない。日々バイト先と安アパートを往復するだけの夢も希望も無い生活。

もう疲れてしまったな…。だがふと目を横にやると、ある居住施設の勧誘チラシが目につく。

そして俺は決意した。田舎で暗そう!田舎なら都会とは違い、人と関わりもあるだろう。

こうして俺は田舎に暮らす事になった。大自然に囲まれ、何も無い辺鄙な街、ぼろい木造の小さな一軒家。今日から此処で暮らすんだ。

それから数か月。俺はすっかり田舎での暮らしに馴染んでいた。

村の人は皆親切だし、割とフレンドリーに交友出来ている。都会じゃ考えられなかったことだ。だがこの村にはある風習があった。それを俺は今晩、知る事になる。

ゴクリ…何でだろう。薄ぐら闇の中、俺の目の前には裸の美女が立ち、俺を見下ろしている。

「へあぁっ!?」と思わず素っ頓狂な声を出して驚く俺。すると彼女も驚いた。

ど、どういうことだこれは。いっておくが彼女は俺の彼女でもなければ、風俗嬢でもない。ご近所に住む美しい人妻だ。熟れた体。垂れる程でかいおっぱい…。

しかし何故!?

彼女が言うには、引っ越してきてからまだ夜這いもしていない俺を心配してきてくれたんだとか。えと、夜這い!?

何でも彼女の話によると、この村では夜這いが今も風習として伝わっており、それで子供を儲ける事により、この閑散とした村も人口を維持しているんだとか。

うーむ。で、彼女は“だから今日は私と寝ましょ?”なんて誘ってくる。マジかよ。

既に濡れ濡れの彼女のアソコ。だらしなく愛○が脱ぎかけのパンツや太ももに垂れ、糸を引いている。

見てるだけで勃起してくる。すぐにでも挿入したい。そんな欲求に駆られる俺。

彼女は俺の返答も聞かぬうちに俺の上に覆いかぶさり、顔におっ○いを押し当てて来る!

う、でかい……窒息する位大きすぎるデカパイに興奮する俺。

おまけに彼女、自ら腰を卸してチンポにマンコをあてがい始めた!?

動揺する俺。童貞である事を告白する。

すると彼女、自分も処女だと言い始める。冗談だろ。

どう見ても人妻にしか見えない彼女が……するとずぶずぶ挿入し始め…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス