人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

出会う女全員と生ハメ出来ちゃうハーレム島のあらすじ|女性からエッチを誘うエロ生活

出会う女全員と生ハメ出来ちゃうハーレム島のストーリーあらすじ。

はぁ~やっぱり田舎は良いなぁ。

都会から田舎にやってきた僕・相田友哉は、新鮮な空気と自然溢れる光景を楽しみながら、一人田舎道を歩いていた。

都会での通勤ラッシュ、ごみごみした空気や美味しいとは言えない水……もううんざりだ。

しばらく歩くと僕はお目当てのモデルハウスに到着。立地に外観といい、中々良い物件みたいだけど、住むとなるとどうも迷うなぁ。

そんな時、「もう住む場所は決まってるんですか?」

綺麗なお姉さんに話しかけられた。ここの管理人さんだろうか。まだ決まっていないと応えると、

「空いて随分なのでよかったら候補に入れてみない?」

と誘われ、とりあえず僕は彼女に従い、ここに少し泊まることにした。

どうせ宿も決まってなかったし、渡りに船というやつだ。

ちなみに彼女は静江さんというらしい。親切な上、巨乳で色っぽくて……あんな人が彼女ならなぁ。

あの後、僕は部屋でしばらくくつろいだ後、お風呂に入る事にした。これで食事まで出るらしい。まるで旅館だな。

と、湯船でくつろいでいる時のことだ。

「お背中、流しましょうか?」
「ええっ!?」

なんと、静江さんが裸で入ってきたのだ。動揺する僕。とはいえ断る理由もなく、彼女に促されるまま背中を流して貰う事に。

静江さんの綺麗ででかいおっぱい……どうしても目がいってしまう。ピンク色の乳首が凄く……目に悪い。

しかも静江さん、僕に抱きついてきておっぱいを背中に当ててくる。どういうことだ?田舎の女性はこんなに積極的なのか!?

「あら、こんなに大きくなって……あがったらお布団しきましょうね」

そういってビンビンになった僕のちんぽを手でしこしこ扱く静江さん。やばい。このままだと風呂場でイってしまう。

そんな静江さんの誘惑に耐えられる筈もなく、僕は風呂を出て静江さんと布団の上でヤることになった。男なら当然の選択だ。

遠慮しなくていいのよ、なんていいながら僕にデカパイを触らせ、吸わせ、キスまでしはじめる静江さん。

舌と舌を絡め、唾液を絡めながら深く、ねっとりとした濃厚なキスを堪能する僕。

ああ、なんて気持ちいいんだろうか。田舎で童貞を捨てる事になるとは思わなかった……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス