人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

先生は全員僕たちの奴隷のあらすじ|生徒達が先生たちを快楽調教

先生は全員僕たちの奴隷のストーリーあらすじ。

Ⅰ:担任 近藤ゆうこ

ここはある学校の教室。黒板の前で女性教師が生徒達に挨拶をしていた。

「はじめまして。今日からみなさんの担任になる、近藤ゆうこです。よろしくおねがいします!」

さらっとした尼栗色のロングヘアーに、すらっとした長身。

服がはち切れそうな位、目立つデカいおっぱい。ブラをつけていないので服から乳首が透けて、エロい事になっている。

「うわぁ~ゆうこ先生、おっちぱいでかぁ!ちくびが透けてます!」
「こら!そんなこと言うのは誰?いけませんよー!」

本気で怒っている節はないゆうこ先生。

しかし、これも想定内の事だった。彼女は理事長との会話を思い出した。

「近藤先生……私はあなたを見込んで連れて来たのよ。わかってるわね。何があっても途中で投げ出したりしないと」
「は、はい。ありがとうございます。実家の借金を払うべく風俗で働こうとしてた私を拾ってくれて……」
「それからそのブラは派手すぎるわね。没収するわ」
「ええっ!?そんな」

こうして彼女は理事長の言いつけでノーブラにされてしまい、そのまま初の授業をしにきたのだ。

「先生のおっ○い、何カップですか?」
「先生はなんでぶらじゃーしてないんですか?」

卑猥な質問が投げかう教室。彼女は無視して授業を始めようとするが、理事長の娘・かおりちゃんが、

「ちゃんと質問に答えてくれないと、お母さんに不真面目な先生だって言いつけますよ?」と言い出す。

更にかおりちゃんは、

「みんな、遠慮する事無いわ。先生が応えてくれないなら自分たちで調べましょう」

と言い出し、ゆうこを押し倒す。

「きゃああああ!なにするの!?」

シャツを脱がされ、デカいおっぱいを露わにされるゆうこ。

「うわぁ~せんせいのおっぱい、超きれいだぁ~」
「でけぇ!ばくにゅうだぁ。すげえ!」
「いやああああああああああ」

悲鳴をあげるゆうこ。しかし誰も彼女を助けようとはせず、それどころか彼女のおっ○いに無数の男子の手が伸びてきて……。

「やあああああああああああああ」

強引におっぱいを揉まれまくるゆうこ。先っぽを摘ままれ、ミルクでも搾りだすかの強くぎゅっぎゅっと揉まれてしまう。

「あっ……ああああ」
「せんせえ、くすぐったいんですか?へんな声が出てますよ」
「いや……あああぁ……」
「せんせい、おっぱい吸ってもいいですか?」「ぼくも吸いたいっ!」

どんどんエスカレートしていく生徒達の行為。ゆうこはそのまま彼らに……

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス