人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

マジメな家出娘と絶倫男のあらすじ|宿泊条件は毎晩の生ハメ交尾

マジメな家出娘と絶倫男のストーリーあらすじ。

中年盛りの俺には何も無い。家も借家だし、家族もいない。

しかしこんな俺にも日々、楽しみといえる趣味がある。それは、家出娘を喰うこと。

彼女達は住める場所を、食事を求めている。

そんな彼女達に寝床と食事を提供し、その見返りにエッチするのが俺の生きがいだ。

今日も真面目そうなJ○の家出娘・愛菜を一人、持ち帰ってきたところだ。

とはいえこの子、「最初にハッキリと言っておきますけど、Hは出来ません……まだ処女だし……」

とまあ虫のいい条件を突きつけてくる。エッチ出来ないだぁ?それで泊まれると?

無論、俺はその約束を必ず守ると彼女に誓い、家に連れ込んだ。家に連れ込めばコッチのものだ。

俺は紆余曲折の末、彼女に手キ○して貰う事になった。同時に彼女におっぱいを見せて貰いながら。

「恥ずかしくて死にそうです……」

彼女は赤面しながらも俺のガチガチのチン○を握り、シコシコ扱く。

慣れていないぎこちない手つきとはいえ、流石スベスベの肌、超気持ちいい。

しかも制服のシャツのボタンを外し、生おっ○いが見えているのも満足だ。

こいつ、歳の割にかなりでかいんだよなぁ。きっと揉んだら凄く気持ちいい筈……。ヤリてぇ。

俺は我慢出来なくなり、その後彼女を押し倒した。

おお漏らした漏らした。

彼女のアソコに顔を埋め、舌でマン○を刺激していると漏らしたんだよコイツ。

「やだやだやだぁ。音を立てないで……くちゅくちゅさせないで……」

感じまくってるくせに、まだ理性が邪魔しているらしい。

だが同時に剥き出しになったおっ○いをわしわしむぎゅむぎゅ揉んでやる事に。

流石に我慢出来ないらしく、びくびく身体を震わせながらあんあん悶え喘いでいた。

愛菜、いいじゃねえか。気に入ったぜ。

……こうして俺は彼女と毎日エッチしまくった。

最初は抵抗したり、恥ずかしそうなそぶりを見せていたが、次第にエスカレートしていくセックスの前に彼女の理性は完全に崩壊。

自ら腰を振り、大胆に喘ぎ、俺にチンポや中出しをおねだりするど淫乱娘に変貌。

こいつ、これじゃもう俺抜きじゃ生きていけないだろうな。

彼女の中に生で挿入し、キスをし、中で出す。

こんな事を毎日毎日繰り広げる俺達。彼女はどんどん俺に陶酔していってついに……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス