人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

やみつき性指導のあらすじ|処女を奪われて快楽ビッチ化したJK

やみつき性指導のストーリーあらすじ。

期末テストが終わってすぐの事、俺は放課後に職員室で一人残業をしていた。

すると、ガラガラっと扉を開けて女子生徒が一人入ってくる。

「ん?どうした弓月。そんな深刻そうな顔して……」

女子生徒の名前は弓月玲奈。地元の名家の令嬢で、いかにもお嬢様って感じの美少女だ。

成績にルックス、お家柄どれも優秀な上、素直で優しく、真面目な性格も良い。

しかしそんな彼女の表情が今日は少し陰りがちだ。神妙な面持ちで俺に

「今期の期末テストで私は大失態を犯してしまいました。今回だけ何とか点数に配慮いただけないかと思い……」と相談して来た。

成程。成績が落ちたから俺におねだりか。これは……チャンスだ!

「先生っ!何を!?」

俺は弓吐きを抱きしめ、豊満なおっ○いをむにゅむにゅ揉みまくる。

動揺する弓月だが関係ねえ。

「……考えてやろう。お前がカラダを差し出すなら!」
「そんな……」

ククク、JKのムチムチボディを堪能できるなら成績なんてどうでもいいぜ。

俺は彼女の服を脱がしていき、そしてアソコに手を突っ込む。

どうやらお嬢様だけに生娘らしい。

「おいおい。自分で弄った事位あるだろ?」

流石にオナニーすらしたことないとは思えないが、俺は彼女のショーツの中に手をすべり込ませ、毛むくじゃらな割れ目をわしゅわしゅと擦っていく。

「やぁっ……せ、先生……そこは…」

くちゅくちゅと音をたてて、かき混ぜていく。何て言うか、口ではいやと言いつつ、体は正直だ。

「いやってお前、もうこんなに濡れてるぞ?感じてるんだろ?先生の指で」

真面目な生徒だと思ってたのに何てドスケベな奴なんだ!

まあいいさ。お楽しみはこれからだ。

「せ、先生!?なにを!?」

決まってるだろうが。男と女がする事と言えばこれしかない。

「今から先生の肉棒をお前の中に挿れてやるからな」

こうして俺と弓月の愛欲に溺れる日々が始まった。

朝から晩まで毎日セックスしまくり!もう弓月のエロボディなしでは生きていけない身体になる俺!

彼女も最初は嫌がっていたのに、俺の性指導を受けるうちに段々目覚めてしまい、快楽に陶酔するように!

至る所でセックスしまくる俺達。自ら俺にディープキスをし、まるで恋人の様な愛し方をする俺達。

もう、だれにも止められない……!

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス