人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

パパだってしたいのあらすじ|父子家庭のイケメンパパのエッチな秘密

パパだってしたいのストーリーあらすじ。

今日、青年・阿澄はとあるマンションの一室に来ていた。

201号室、成瀬と書かれた表札。どうやらここらしい。インターホンを押すと、

「……こ、こんにちは」
「あ、か、家政婦のバイトに来た阿澄です」

出てきたのは若いイケメン青年。どこか色っぽいとすら感じてしまう、不思議なオーラを持った人だった。

阿澄は彼に促されるまま部屋へ入っていく。

「……でもベテランの人とかもいるのに、俺みたいな大学生で良いんですか?」

阿澄はまだ若い。仕事が下手という訳ではないが、プロでは無い。少し自信が無かったのも事実だ。

「いやー、前にお願いした人とは少し面倒な事になっちゃったから……」

面倒な事?奇妙な言い回しだった。家政婦の人とトラブル。ぱっと浮かぶのが、

「なんていうか、うちはシングル(家庭だから)……変に意識されちゃって」

家政婦とエロい関係になる。そんなアダルトビデオみたいな展開、本当にあるのかよ……なんて疑わずにはいられない阿澄。

しかし、彼と話していると、確かにその家政婦の気持ちが分からない訳でも無かった。

赤ん坊位の子供を一人養っているものの、まるで歳を感じさせず、それでいて優しい。

柔和な落ち着きを持ち、同時に美女の様にどこか妖艶な魅力を持っている彼。

阿澄は男ながらも彼を見ているとつい、グッときてしまう自分がいる事に気付いてしまう。

なるべく意識しないよう家事をこなしていく阿澄。

しかし、そんな彼はある見てはならない物を見つけてしまう。

それは、彼の部屋を掃除している時に見つけてしまったアダルトビデオやエロ本の数々だった。

おまけに本が開いていたりするところを見るや、阿澄が来るまでこれでオナニーしていた可能性も…?

「俺が着た時、抜いてた……ってことですよね。意外だなぁ。成瀬さんってそんな印象内から」

つい彼にそう告げてしまう阿澄。

「だって……父親だって我慢出来ない時があるんです」

恥ずかしそうにそっぽを向く彼を見て、阿澄は我慢出来なくなってしまった。可愛すぎる。エロ過ぎるのだ。彼は。

無意識に誘ってくる彼の仕草。彼のオーラ。抗う事なんて出来ない。

「成瀬さん……俺のせいで最後まで出来なかったんですよね。なら俺が……」

そういって彼を抱きしめ、首筋に熱いキスをする阿澄。

家事だけじゃなくてそっちも手伝う事に!?

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス