人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

この男、殴られて発情中のあらすじ|イケメンヤンキーのエッチな秘密

この男、殴られて発情中のストーリーあらすじ。

「ふん、俺の綺麗な顔を殴ろうなんて甘いんだよ」

自分の顔が大好きな不良学生、片桐紅矢。

彼は喧嘩が強く、それでいてイケメンな自分が好きというナルシストな不良だった。

しかしそんな彼にも天敵がいる。「一条!やっと終わったか」

彼の前に颯爽と現れた、紅矢と同じデザインの黒の学生服を着た男。

彼は“最強の男”と噂されれいる不良で、名前は一条葵という。

彼も紅矢と同じく顔つきが整っており、イケメンな不良で定評のある存在。

そう、強くてカッコいいという点が二人には共通しているのだ。

だからこそどっちが上なのか、紅矢は白黒ハッキリしたいと常日頃から考えていた。

「今日こそ俺とタイマンはれよ!……くそっ。どこもかしこも恵まれやがって!」

紅矢が唯一嫉妬する相手。それが葵だった。自分より綺麗な顔で、喧嘩も強い存在。認めたく無かった。

だが葵は、「そんなに殴られたいなら殴ってやるよ」

顔を近づけ、そういって紅矢の顎をくいっと持ち上げる。まるで今からでもキスでもするかのような光景。

一瞬ドキッとしてしまう紅矢。しかし、殴りかかる前に葵に頬を殴られ、倒れてしまう。

痛い。鈍い痛みが走り、辛い……筈なのに変だった。

股間がむずむずする。そう、彼は殴られて勃起していた。

初めての感覚。喧嘩で殴られたのに、何故か興奮している自分がいるのだ。

逃げなきゃ……そう感じた時には既に葵に捕まっていた。

「このままじゃ辛いだろ?俺に殴られて大きくしてたもんな」

ばれていた。葵に抱きしめられ、耳元で囁かれ、頬を紅くする紅矢。恥ずかしい。
力ない声で離せと懇願するが……。
「!?」
いきなり葵にキスされてしまう!?当然唇に。

最も憎いと思っていた相手に唇を塞がれ、困惑する紅矢。

しかし気持ち良くて、体に力が入らず、抵抗できなかった。

葵はそのまま口の中に舌をねじこみ、紅矢の舌に絡め始める。

エッチに舌を絡め合い、唾液を交わし合うとそれだけで幸せな気分で頭の中が真っ白になってしまう。

とはいえこれはほんの始まりにすぎない。

「ずいぶん可愛い顔だな」

そこから葵に押し倒され、服を脱がされて全裸になってしまう紅矢。

そしてギンギンに固く熱くなった男のモノを彼に握られ、シコシコと扱かれてしまう。

嫌なのに、恥ずかしいのに感じてしまい、そのまま……。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス