人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス

High交!のあらすじ|JK清楚ビッチのオモチャになる童貞中年教師

High交!のストーリーあらすじ。

俺はしがない中年教師、この度、欠員が出来た為、故郷の学校に転勤する事になった。

久しぶりの故郷は昔と変わらず、喉かで自然豊かなままだ。

でもそのせいか、学校の生徒は三人しかおらず、教師も俺一人しかいないという。

このままじゃいかん。何とかせねばな…。

だが初授業の日、俺は大いに驚かされる事になる。

「よろしく、お願い致します」

ぺこりと頭を下げるお嬢様風の少女。

え?何だコレ。その唯一無二の3人が、滅茶苦茶可愛いぞ!正直、田舎にそぐわないレベルの高さだ。

俺に丁寧にあいさつをしてくれたのは学級委員をしている、早瀬結という少女だ。真面目な良い子だな。

「小早川莉子でーす。特に紹介したいことはありません」

ふむ。ギャルだな。身体は良いのに勿体無い。

「押見アニーシャです。アニーって呼んで下さいね、先生」

ロシアのハーフか。何とも何とも。これは俺と子供でも作ればロシアハーフになるって訳か…。

それから一か月後。何だかんだで俺はクラスに馴染んできた。

3人しかいないから当然と言えば当然だが、不思議と仲良くなれるもんだ。

だが、ある日の放課後、俺は莉子の頼みで勉強を指導していた。それはいい。

だが、JKが俺のすぐ脇で勉強をしている。体と体が密着するかしないかの距離に俺はドキドキしてしまう。

何せ俺はもう中年で子供がいてもおかしくない位の童貞ハゲオヤジだ。こんなシチュに興奮するのも無理はない。

「っておい!!」

結が俺のチンポを突然手で握り始めたのだ。

「な、なにしてるんだ小早川!早くやめなさい!」
「えー。せんせーのびんびんじゃーん。こんな状態で何いっても説得力ないよ?」
「こ、これはだな…えーと」

まいった。生徒に勃起してたなんていえるはずがない。

「せんせー。大丈夫。これは毎日勉強に突きあってくれているお礼だから。あと二人っきりの時は下の名前で呼んでいいよ」

俺のモノをにぎにぎシコシコと扱きつつ、可愛い事を言いだす結。

ぐあああああああ、こんなの我慢出来るか!

俺はもう抵抗せず、結にそのまま手で扱いてもらう事にした。

「あんっ。せんせーのオチンポからもう我慢汁が溢れてくるよ?なんだかんだいってこういう事期待してたんでしょ?」
「そ、そんなことは……」

やべえ。唯の手コキがうますぎる。こいつ、慣れてやがる…。

人気漫画の情報を配信中

人気漫画の作品紹介を行っています。 以下の登録フォームに記入してメルマガで最新情報を受け取って下さい!
名前   
メールアドレス